June 2024

MUSE ON MUSEがこれまでに掲載したアーティスト記事へのリンクです。
Here are links to articles about artists that MUSE ON MUSE has posted in the past.
[Artist Index]

– 最新News –
2024/6/14 Jon Anderson (ジョン・アンダーソン) ニューアルバムに先行しファースト・シングルのMVを公開!
2024/6/10 Greta Van Fleet (グレタ・ヴァン・フリート) 2017年発表の名盤EPの日本盤リリースが決定!
2024/6/1 Guthrie Govan(ガスリー・ゴーヴァン) THE ARISTOCRATSの最新作『DUCK』を語る!
2024/5/27 George Benson (ジョージ・ベンソン) 幻のアルバムがリマスターを施した公式作品となって遂に登場!
2024/5/27 VAN HALEN 1991年に発表した名作が豪華エクスパンデッド・エディションとなって登場!

Features


Photo by Jon Luini

Vol.139 Guthrie Govan

Guthrie Govan(ガスリー・ゴーヴァン [guitar] )、Bryan Beller(ブライアン・ベラー [bass] )、Marco Minnemann(マルコ・ミネマン [drums])・・高次元の凄腕ミュージシャンのトリオによるバンド THE ARISTOCRATSが創り出した最新のコンセプトアルバム『DUCK』。アルバムのコンセプトとなっているアヒルを主人公とした物語 DUCK であるが、実は、最初に物語ありき・・ではなく、事前に各メンバーが分担して新作用に3曲づつを作曲、それら持ち寄った9曲を素材に全9章からなる物語を創作する、といった手法が取られているとのことである。様々な音楽ジャンルに深く精通し、それらを表現するための高度な演奏技術を持ち、まるで映画のワンシーンのような情景を音楽で創造するTHE ARISTOCRATSによる今回の作品は、聴き手のイマジネーションを最大限に刺激し、物語の中に深く惹き込んでいく。ガスリー・ゴーヴァンにTHE ARISTOCRATSの最新作『DUCK』のことについて語ってもらうとともに、ガスリーが参加しているハンス・ジマーのプロジェクトについても話を聞いた。・・・[続きを読む]

Guthrie Govan (guitar), Bryan Beller (bass), and Marco Minnemann (drums) form the powerhouse trio known as THE ARISTOCRATS. Their latest concept album, “DUCK,” features a narrative centered around a duck protagonist. Interestingly, the story was not created first. Instead, each member composed three tracks independently, and these nine tracks were then woven into a cohesive nine-chapter tale. With their deep knowledge of various music genres and exceptional technical skills, THE ARISTOCRATS create music that paints vivid, cinematic scenes. Their latest work stimulates the listener’s imagination and draws them deeply into the story. We had the opportunity to speak with Guthrie Govan about THE ARISTOCRATS’ new album “DUCK,” as well as his involvement in Hans Zimmer’s projects…[Read more]

 

Vol.138 TODAY WAS YESTERDAY

The Doors 21st Centuryのバンドメンバーとして共に活動していたアンジェロ・バルベラとタイ・デニスが音楽ユニットTODAY WAS YESTERDAY を結成し、セルフタイトルのデビューアルバム『TODAY WAS YESTERDAY』をリリースした。このアルバムには全10曲が収録されており、収録曲中の6曲にロックの殿堂入りを果たしたラッシュのアレックス・ライフソン、1曲にザ・ドアーズのロビー・クリーガーがゲストギタリストとして参加している。アルバムでは、ジャパン、ジェネシス、ティアーズ・フォー・フィアーズなど芸術的で美しく陰影のある音楽やレッド・ツエッペリン、ラッシュなどの実験的な音楽からの影響を彼等独自の音楽として昇華させているとともに、その一方で複雑でありながらも馴染みやすいキャッチーさを持ち合わせることに成功している。アンジェロ・バルベラ[ボーカル、ベース、ギター、キーボ-ド]とタイ・デニス[ドラム、パーカッション、プログラミング]にユニットの結成経緯やデビューアルバム『TODAY WAS YESTERDAY』について聞いた。・・・[続きを読む]

Angelo Barbera and Ty Dennis, who once shared the stage as band members of The Doors of the 21st Century, have formed the music unit TODAY WAS YESTERDAY and released their self-titled debut album, “TODAY WAS YESTERDAY.” The album features ten tracks, including six songs with Alex Lifeson of Rush, a Rock and Roll Hall of Famer, and one track with Robby Krieger of The Doors as guest guitarists. In this album, they elevate their unique sound by drawing influence from the artistic, beautifully nuanced music of Japan, Genesis, and Tears for Fears, as well as the experimental sounds of Led Zeppelin and Rush. Meanwhile, they successfully merge complexity with an accessible catchiness. We sat down with Angelo Barbera [vocals, bass, guitar, keyboards] and Ty Dennis [drums, percussion, programming] to discuss the formation of their unit and their debut album “TODAY WAS YESTERDAY.”…[Read more]

 

Photo ©Keith Scott

Vol.137 Keith Scott

英国ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで2022年に収録されたブライアン・アダムスのライヴ作品「LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL」がリリースされた。この作品は「CUTS LIKE A KNIFE」、「INTO THE FIRE」、「WAKING UP THE NEIGHBOURS」の3枚のスタジオアルバムのそれぞれを全曲ライヴで演奏されたものが音源、映像で収録されている。このライヴ作品では、ブライアンの名曲の数々が今も尚、色あせることなくパワーと輝きを放っており、ブライアンとブライアンの盟友であるギタリスト、キース・スコットの素晴らしく、そして強固なコンビネーションが健在であることを証明している。このライヴ作品でも歌心あるギタープレイでブライアンの楽曲を見事に惹きたてているギターの名手、キース・スコットにこの作品について語って貰った。・・・[続きを読む]

Bryan Adams’s live album ‘LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL’, recorded at the Royal Albert Hall in London in 2022, has been released. This work features live performances of every track from three studio albums: ‘CUTS LIKE A KNIFE’, ‘INTO THE FIRE’, and ‘WAKING UP THE NEIGHBOURS’, both audio and video recordings are included. In this live work, Bryan’s numerous classic songs still radiate power and brilliance without fading, and the wonderful and solid combination of Bryan and his close friend, guitarist Keith Scott, is proven to be intact. Keith Scott, a guitar master who beautifully accentuates Bryan’s music with his soulful guitar playing, speaks about their brand new album with Muse on Muse…[Read more]

 

Vol.136 Francis Dunnery

ロックギタリスト達の多くが、そのプレイのルーツ、拠り所として取り上げるブルース音楽。そのあらゆる感情をダイレクトに表現し、聴き手に突き刺さるこの音楽に真正面から取り組んだリアルなブルースアルバム「THE BLUES OF TOMBSTONE DUNNERY」をフランシス・ダナリーがリリース。80年代にはプログレッシヴ・ロック・バンド IT BITESにてギタリスト・シンガーとして活躍したフランシス・ダナリーは、IT BITESから離れた以降も自らのミュージシャンとしての創造力に更なる輝きを増した数多くのアーティスティックな作品を創り続けていたが、2023年からは遂にIT BITES FDとしても始動しており、ライヴ作品「Live From The Black Country」をリリースしている。最新ブルースアルバム「THE BLUES OF TOMBSTONE DUNNERY」のことや気になる今後の予定についてフランシス・ダナリーに訊いた。・・・[続きを読む]

Many rock guitarists notice the blues as the root and foundation of their playing style. Francis Dunnery has released a genuine blues album, “THE BLUES OF TOMBSTONE DUNNERY,” that tackles this music head-on, expressing its full range of emotions and striking directly at the listener’s heart. Francis Dunnery, who shone as a guitarist and singer in the progressive rock band IT BITES during the 80s, continued to create a multitude of artistic works that added further brilliance to his creativity as a musician after leaving the band. Starting in 2023, he also reignited under the name IT BITES FD, releasing the live work “Live From The Black Country.” We asked Francis Dunnery himself about his latest blues album “THE BLUES OF TOMBSTONE DUNNERY” and his and his upcoming plans…[Read more]

 

Vol.135 Carl Verheyen

Carl Verheyen (カール・ヴァーヘイエン)の最新アルバム『RIVERBOAT SKY』がリリースされた。そのリアルなギタープレイにより弾き出される本物のギタートーンは、真に匠ならではのものである。全8曲が収録された今作では、8曲中の7曲がボーカル曲、残り1曲の”APRIL SURPRISE”がインストゥルメンタル曲の構成となっている。参加メンバーは、ジョン・メイダー(DRUMS)、デイヴ・マロッタ(BASS)、トロイ・デクスター(KEYS)からなるカールのお馴染みのツアー・バンドを核として、更にキーボードにジム・コックス、ドラムのチャド・ワッカーマン、パーカッションのアレックス・アクーナが参加。また、タイトル曲 “RIVERBOAT SKY” では、ソフィア・ジェームズ(米国のオーディション番組アメリカン・アイドルで知られている)が、カールとのボーカルに参加している。心強いメンバーをバックに制作された今作は、カールの味のある心地よいボーカル、匠なギタープレイの充実度はもちろん、各楽器パートによる臨場感に溢れるインプロヴァイズも充実しており、ボーカル入りの曲を好む音楽ファン、インストゥルメンタル曲を好む音楽ファン、双方の音楽ファンにアピールするバランスの取れた作品となっている。最新アルバム『RIVERBOAT SKY』についてカールに語って貰った。・・・[続きを読む]

Carl Verheyen’s latest album, “RIVERBOAT SKY,” has been released. His authentic guitar tones, brought to life by his genuine guitar playing, are truly the marks of a master. Of the eight tracks on this album, seven feature vocals, with the remaining track, “APRIL SURPRISE,” being purely instrumental. The core group consists of Carl’s familiar tour band: John Mader on drums, Dave Marotta on bass, and Troy Dexter on keys. Additionally, they’re joined by Jim Cox on keyboards, Chad Wackerman on drums, and Alex Acuna on percussion. Notably, the title track “RIVERBOAT SKY” features a vocal duet between Carl and Sophia James, who is known from the U.S. audition show, American Idol. With such a strong lineup, this album showcases Carl’s distinctive and comforting vocals and masterful guitar play. Beyond that, it’s enriched with spontaneous improvisations from all the instruments. It’s a well-balanced work that will appeal to fans who love vocal tracks, as well as those who prefer instrumental numbers. We had a chance to chat with Carl about his latest album, “RIVERBOAT SKY.”…[Read more]

 

© Lindsey M. Thompson

Vol.134 Michael Thompson

セリーヌ・ディオン、マライア・キャリーなど数多くのビッグ・アーティストのレコーディングやツアー、また、映画音楽への参加などで楽曲をより魅力的なものに昇華させるための最適解のギターをプレイしてきた超一流のセッション・ギタリスト、マイケル・トンプソン。自身の活動としてもこれまでにソロアルバム『The World According To M.T.』、『M.T. Speaks』をリリースし、洗練されたクレバーなギタープレイが散りばめられた音楽でギターファンを魅了している。また、Michael Thompson Bandとしても過去に3作のスタジオアルバム、1作のライブ作品をリリースしており、その活動においてはギター音楽のファンに限らない、AOR / Rock音楽といったより幅広い音楽ファン層にアピールする音楽を手掛けている。今回、そのMichael Thompson Bandにデビュー作『How Long』でボーカルを務めたムーン・カルホーンが復帰し、ニューアルバム『THE LOVE GOES ON』をリリース。このアルバムは、楽曲の持つメロディと表現力豊かなムーン・カルホーンのボーカル、アレンジの素晴らしさといったトータルな音楽面での魅力を持っている。さらにマイケル・トンプソンの楽曲をひきたたせる匠なギターも大きくフーチャーされており、AORやロック音楽を好むリスナーとプレイヤー目線を持つギターファンの双方を両立して満足させる作品となっている。ニューアルバム『THE LOVE GOES ON』についてマイケル・トンプソンに訊いた。・・・[続きを読む]

Michael Thompson, a well-known session guitarist, boasts an impressive resume packed with collaborations alongside top artists like Celine Dion and Mariah Carey, both in the studio and on tour. Not only has he lent his six-string mastery to movie soundtracks, but he has also graced the world with his solo projects, including the critically acclaimed albums ‘The World According To M.T.’ and ‘M.T. Speaks’. These records serve as a testament to Thompson’s artistry, showcasing his astute and ingenious guitar prowess.Not content with solely pursuing solo endeavors, Thompson has also steered the ship of Michael Thompson Band, delivering three studio albums and a captivating live album. Now, their highly anticipated release, ‘The Love Goes On’, which is just released. This musical offering features the exceptional vocal talents of Moon Calhoun, promising a harmonious blend of their respective strengths. ‘The Love Goes On’ is more than a treat for guitar aficionados; it aims to captivate a diverse audience of music lovers who revel in the sonic landscapes of AOR/Rock. With this album, Michael Thompson and his band are poised to transcend boundaries and make a resonating impact on the music scene. We had a chat with Michael Thompson himself about the brand new piece “The Love Goes On”…[Read more]

 

Vol.133 Martin Miller

オンラインでのギターレッスンやギター教材の提供、そして登録者数が70万人以上、再生回数も1億2000万回以上を誇る自身のYouTubeチャンネルでは、Martin Miller Session Bandで70~90年代の名曲の数々を質の高いカヴァーで披露するなどで世界中にコアなファンを持つドイツ出身のミュージシャン、マーティン・ミラー。2013年にはギター主導のインストゥルメンタルアルバム「The Other End」をリリースしているマーティンだが、今回は自身がボーカルも担う最新作「Maze of My Mind」を発表。キャッチーな歌メロと高度なテクニックを基盤に知的なフィーリング、センスが溢れ出るギターワークが彩るプログレッシヴ・ヘヴィ・ロックに仕上げられたこの最新作では、マーティンのギタリストとしての魅力はもちろん、ボーカリスト、作曲・アレンジといったトータルな音楽センスが遺憾なく発揮されている。最新作「Maze of My Mind」についてマーティンに訊いた。・・・[続きを読む]

Martin Miller, a musician hailing from Germany, has gained a dedicated fanbase worldwide through his online guitar lessons, guitar resources, and his YouTube channel which holds over 700,000 subscribers and more than 120 million views. On his channel, he performs high-quality covers of classic hits from the 70s to 90s alongside the Martin Miller Session Band. In 2013, Martin released an instrumental album focused on guitar called “The Other End”. Then He released his latest album “Maze of My Mind”, where he not only showcases his guitar skills but also takes on the role of a vocalist. The album, brimming with catchy song melodies and high-level technicality, exhibits a progressive heavy rock genre coloured by sophisticated feeling and sensibility in his guitar work. It doesn’t just flaunt Martin’s charm as a guitarist, but also his overall musical sense as a vocalist, composer, and arranger. We had a chance to speak with Martin about his latest work, “Maze of My Mind”….[Read more]