February 2024

– 最新News –
2024/1/21 Keith Scott (キース・スコット) ブライアン・アダムスの最新ライヴ作品について語る!
2023/12/5 Francis Dunnery (フランシス・ダナリー) IT BITES FDの新作『RETURN TO NATURAL』が1月に登場!
2023/11/12 Francis Dunnery (フランシス・ダナリー) インタビュー、最新ブルースアルバムについて語る!
2023/10/4 Francis Dunnery (フランシス・ダナリー) ブルース・アルバムをリリース!
2023/9/18 Carl Verheyen (カール・ヴァーヘイエン) 最新インタビューを掲載!

Features


Photo ©Keith Scott

Vol.137 Keith Scott

英国ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで2022年に収録されたブライアン・アダムスのライヴ作品「LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL」がリリースされた。この作品は「CUTS LIKE A KNIFE」、「INTO THE FIRE」、「WAKING UP THE NEIGHBOURS」の3枚のスタジオアルバムのそれぞれを全曲ライヴで演奏されたものが音源、映像で収録されている。このライヴ作品では、ブライアンの名曲の数々が今も尚、色あせることなくパワーと輝きを放っており、ブライアンとブライアンの盟友であるギタリスト、キース・スコットの素晴らしく、そして強固なコンビネーションが健在であることを証明している。このライヴ作品でも歌心あるギタープレイでブライアンの楽曲を見事に惹きたてているギターの名手、キース・スコットにこの作品について語って貰った。・・・[続きを読む]

Bryan Adams’s live album ‘LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL’, recorded at the Royal Albert Hall in London in 2022, has been released. This work features live performances of every track from three studio albums: ‘CUTS LIKE A KNIFE’, ‘INTO THE FIRE’, and ‘WAKING UP THE NEIGHBOURS’, both audio and video recordings are included. In this live work, Bryan’s numerous classic songs still radiate power and brilliance without fading, and the wonderful and solid combination of Bryan and his close friend, guitarist Keith Scott, is proven to be intact. Keith Scott, a guitar master who beautifully accentuates Bryan’s music with his soulful guitar playing, speaks about their brand new album with Muse on Muse…[Read more]

 

Vol.136 Francis Dunnery

ロックギタリスト達の多くが、そのプレイのルーツ、拠り所として取り上げるブルース音楽。そのあらゆる感情をダイレクトに表現し、聴き手に突き刺さるこの音楽に真正面から取り組んだリアルなブルースアルバム「THE BLUES OF TOMBSTONE DUNNERY」をフランシス・ダナリーがリリース。80年代にはプログレッシヴ・ロック・バンド IT BITESにてギタリスト・シンガーとして活躍したフランシス・ダナリーは、IT BITESから離れた以降も自らのミュージシャンとしての創造力に更なる輝きを増した数多くのアーティスティックな作品を創り続けていたが、2023年からは遂にIT BITES FDとしても始動しており、ライヴ作品「Live From The Black Country」をリリースしている。最新ブルースアルバム「THE BLUES OF TOMBSTONE DUNNERY」のことや気になる今後の予定についてフランシス・ダナリーに訊いた。・・・[続きを読む]

Many rock guitarists notice the blues as the root and foundation of their playing style. Francis Dunnery has released a genuine blues album, “THE BLUES OF TOMBSTONE DUNNERY,” that tackles this music head-on, expressing its full range of emotions and striking directly at the listener’s heart. Francis Dunnery, who shone as a guitarist and singer in the progressive rock band IT BITES during the 80s, continued to create a multitude of artistic works that added further brilliance to his creativity as a musician after leaving the band. Starting in 2023, he also reignited under the name IT BITES FD, releasing the live work “Live From The Black Country.” We asked Francis Dunnery himself about his latest blues album “THE BLUES OF TOMBSTONE DUNNERY” and his and his upcoming plans…[Read more]

 

Vol.135 Carl Verheyen

Carl Verheyen (カール・ヴァーヘイエン)の最新アルバム『RIVERBOAT SKY』がリリースされた。そのリアルなギタープレイにより弾き出される本物のギタートーンは、真に匠ならではのものである。全8曲が収録された今作では、8曲中の7曲がボーカル曲、残り1曲の”APRIL SURPRISE”がインストゥルメンタル曲の構成となっている。参加メンバーは、ジョン・メイダー(DRUMS)、デイヴ・マロッタ(BASS)、トロイ・デクスター(KEYS)からなるカールのお馴染みのツアー・バンドを核として、更にキーボードにジム・コックス、ドラムのチャド・ワッカーマン、パーカッションのアレックス・アクーナが参加。また、タイトル曲 “RIVERBOAT SKY” では、ソフィア・ジェームズ(米国のオーディション番組アメリカン・アイドルで知られている)が、カールとのボーカルに参加している。心強いメンバーをバックに制作された今作は、カールの味のある心地よいボーカル、匠なギタープレイの充実度はもちろん、各楽器パートによる臨場感に溢れるインプロヴァイズも充実しており、ボーカル入りの曲を好む音楽ファン、インストゥルメンタル曲を好む音楽ファン、双方の音楽ファンにアピールするバランスの取れた作品となっている。最新アルバム『RIVERBOAT SKY』についてカールに語って貰った。・・・[続きを読む]

Carl Verheyen’s latest album, “RIVERBOAT SKY,” has been released. His authentic guitar tones, brought to life by his genuine guitar playing, are truly the marks of a master. Of the eight tracks on this album, seven feature vocals, with the remaining track, “APRIL SURPRISE,” being purely instrumental. The core group consists of Carl’s familiar tour band: John Mader on drums, Dave Marotta on bass, and Troy Dexter on keys. Additionally, they’re joined by Jim Cox on keyboards, Chad Wackerman on drums, and Alex Acuna on percussion. Notably, the title track “RIVERBOAT SKY” features a vocal duet between Carl and Sophia James, who is known from the U.S. audition show, American Idol. With such a strong lineup, this album showcases Carl’s distinctive and comforting vocals and masterful guitar play. Beyond that, it’s enriched with spontaneous improvisations from all the instruments. It’s a well-balanced work that will appeal to fans who love vocal tracks, as well as those who prefer instrumental numbers. We had a chance to chat with Carl about his latest album, “RIVERBOAT SKY.”…[Read more]

 

© Lindsey M. Thompson

Vol.134 Michael Thompson

セリーヌ・ディオン、マライア・キャリーなど数多くのビッグ・アーティストのレコーディングやツアー、また、映画音楽への参加などで楽曲をより魅力的なものに昇華させるための最適解のギターをプレイしてきた超一流のセッション・ギタリスト、マイケル・トンプソン。自身の活動としてもこれまでにソロアルバム『The World According To M.T.』、『M.T. Speaks』をリリースし、洗練されたクレバーなギタープレイが散りばめられた音楽でギターファンを魅了している。また、Michael Thompson Bandとしても過去に3作のスタジオアルバム、1作のライブ作品をリリースしており、その活動においてはギター音楽のファンに限らない、AOR / Rock音楽といったより幅広い音楽ファン層にアピールする音楽を手掛けている。今回、そのMichael Thompson Bandにデビュー作『How Long』でボーカルを務めたムーン・カルホーンが復帰し、ニューアルバム『THE LOVE GOES ON』をリリース。このアルバムは、楽曲の持つメロディと表現力豊かなムーン・カルホーンのボーカル、アレンジの素晴らしさといったトータルな音楽面での魅力を持っている。さらにマイケル・トンプソンの楽曲をひきたたせる匠なギターも大きくフーチャーされており、AORやロック音楽を好むリスナーとプレイヤー目線を持つギターファンの双方を両立して満足させる作品となっている。ニューアルバム『THE LOVE GOES ON』についてマイケル・トンプソンに訊いた。・・・[続きを読む]

Michael Thompson, a well-known session guitarist, boasts an impressive resume packed with collaborations alongside top artists like Celine Dion and Mariah Carey, both in the studio and on tour. Not only has he lent his six-string mastery to movie soundtracks, but he has also graced the world with his solo projects, including the critically acclaimed albums ‘The World According To M.T.’ and ‘M.T. Speaks’. These records serve as a testament to Thompson’s artistry, showcasing his astute and ingenious guitar prowess.Not content with solely pursuing solo endeavors, Thompson has also steered the ship of Michael Thompson Band, delivering three studio albums and a captivating live album. Now, their highly anticipated release, ‘The Love Goes On’, which is just released. This musical offering features the exceptional vocal talents of Moon Calhoun, promising a harmonious blend of their respective strengths. ‘The Love Goes On’ is more than a treat for guitar aficionados; it aims to captivate a diverse audience of music lovers who revel in the sonic landscapes of AOR/Rock. With this album, Michael Thompson and his band are poised to transcend boundaries and make a resonating impact on the music scene. We had a chat with Michael Thompson himself about the brand new piece “The Love Goes On”…[Read more]

 

Vol.133 Martin Miller

オンラインでのギターレッスンやギター教材の提供、そして登録者数が70万人以上、再生回数も1億2000万回以上を誇る自身のYouTubeチャンネルでは、Martin Miller Session Bandで70~90年代の名曲の数々を質の高いカヴァーで披露するなどで世界中にコアなファンを持つドイツ出身のミュージシャン、マーティン・ミラー。2013年にはギター主導のインストゥルメンタルアルバム「The Other End」をリリースしているマーティンだが、今回は自身がボーカルも担う最新作「Maze of My Mind」を発表。キャッチーな歌メロと高度なテクニックを基盤に知的なフィーリング、センスが溢れ出るギターワークが彩るプログレッシヴ・ヘヴィ・ロックに仕上げられたこの最新作では、マーティンのギタリストとしての魅力はもちろん、ボーカリスト、作曲・アレンジといったトータルな音楽センスが遺憾なく発揮されている。最新作「Maze of My Mind」についてマーティンに訊いた。・・・[続きを読む]

Martin Miller, a musician hailing from Germany, has gained a dedicated fanbase worldwide through his online guitar lessons, guitar resources, and his YouTube channel which holds over 700,000 subscribers and more than 120 million views. On his channel, he performs high-quality covers of classic hits from the 70s to 90s alongside the Martin Miller Session Band. In 2013, Martin released an instrumental album focused on guitar called “The Other End”. Then He released his latest album “Maze of My Mind”, where he not only showcases his guitar skills but also takes on the role of a vocalist. The album, brimming with catchy song melodies and high-level technicality, exhibits a progressive heavy rock genre coloured by sophisticated feeling and sensibility in his guitar work. It doesn’t just flaunt Martin’s charm as a guitarist, but also his overall musical sense as a vocalist, composer, and arranger. We had a chance to speak with Martin about his latest work, “Maze of My Mind”….[Read more]

 

Photo by Martin Mann

Vol.132 Mike Keneally

フランク・ザッパ・バンドの後期をギタリストとして支え、その後も自身のソロ活動はもちろん、スティーヴ・ヴァイやジョー・サトリアーニ、デヴィン・タウンゼンドといった優れた鬼才、偉才なミュージシャンたちのアルバムやライヴにギター、キーボードで参加するなどマルチな才能を発揮し続けているマイク・ケネリー。ボーカル、ギター、キーボード、作曲、プロデュース etc. などマルチに音楽を操るミュージシャンは世に少なくないが、マイク・ケネリーのようにザッパ・バンドやスティーヴ・ヴァイ、ジョー・サトリアーニなどを確実にサポートできる突き抜けた演奏テクニック、音楽的な感性を持ち、コンポーザーとしても珠玉のメロディを紡ぎ出し、独自の摩訶不思議な音楽世界を創造できるミュージシャンはとても貴重な存在である。そんなマイク・ケネリーがニューアルバム「The Thing That Knowledge Can’t Eat」をリリースした。アルバムは全9曲でおよそ42分とコンパクトではあるが、どの曲も良い意味で普通ではない非常に癖があり、聴きごたえ十分の音楽エッセンスが詰め込まれたアイデアの宝庫となっており、聴き手を強烈に魅了する。マイク・ケネリーにニューアルバム「The Thing That Knowledge Can’t Eat」について訊いた。・・・[続きを読む]

The multi-instrumentalist Mike Keneally is known as the guitarist for the late Frank Zappa band, his solo works, contribution for legends like Steve Vai, Joe Satriani, Devin Townsend and numerous others. There are quite few multi role players who can sing, play guitar, keyboards, write and produce songs. But not many have exceptional skills to play for legendary artists like Frank Zappa band. Steve Vai and  Joe Satriani. Mike also is a true magician about composing supreme melodies and took listeners to his own musical planet. Mike recently released his brand new album “The Thing That Knowledge Can’t Eat”. The album consists of 9 songs and lasts only 42minutes so it is not the most lengthy album he has ever done but they are not average guitar songs, there are full of ideas, characters and pure musical niceness. We had a chat with Mike Kenearlly himself about his brand new piece “The Thing That Knowledge Can’t Eat”….[Read more]

 

Vol.131 Steve Stevens

ビリー・アイドルの最新EP「THE CAGE」がリリースされた。このEPでもビリー・アイドルの長年に渡る盟友、スティーヴ・スティーヴンスが作曲、ギターで大きく貢献している。ロック・ギタリストとしての強力なギターテクニック、抜群の音楽センスを持っていることはもちろん、ビリー・アイドルとの一連の作品やステージ、そして今は亡きスーパースター、マイケル・ジャクソンとの共演 “Dirty Dianna”で放っていたような「華」のある強烈な存在感は健在である。ビリー・アイドルとのこれまでの作品においては、”Rebel Yell”や”White Wedding(part 1)”などロック・ギター史に刻まれるオリジナリティあふれる印象的なプレイを生み出し、1986年に公開された映画「TOP GUN」の”TOP GUN ANTHEM”で披露した美しくもアグレッシヴでセンス溢れるギタープレイは今でもなお輝きを放っており、動画サイトでは彼のプレイをカヴァーする若い世代のギタリストの姿を数多く観ることができる。スティーヴ・スティーヴンス自身のソロとしてもこれまでにハードロックに基軸を置いた「STEVE STEVENS ATOMIC PLAY BOYS」、フラメンコギターの持つ優美さ、激しさを追求した「FLAMENCO.A.GO.GO」、ロック・ギター・インストゥルメンタルの魅力が詰まった「Memory Crash」を生み出すなど、作曲・アレンジ・プロデュースといったミュージシャンとしての総合力の秀逸さによって幅広い音楽ファンを魅了し続けている。スティーヴ・スティーヴンスにビリー・アイドルの最新EP「THE CAGE」への取組、TOP GUNへ携わった当時のことからTwo NotesからリリースされているDynIR製品「the Steve Stevens Platinum Collection」に至るまで色々と訊いた。・・・[続きを読む]

The brand-new EP of Billy Idle “THE CAGE” has been released. Billy’s longtime collaborator Steve Stevens hugely contributed to this record as guitarist and co-songwritter. Steve proved his ability as a Rock guitarist and his developed music taste. He still strongly has an aura which he built up through his career working with many top artists including Michael Jackson. Steve’s guitar is famous for bigtunes with Billy like “Rebel Yell” and “White Wedding (part 1)” which both milestones in Rock guitar history. No need to mention that he contributed his beautiful and aggressive guitar to “Top Gun Anthem” which is the theme song for the classic film “Top Gun” in 1986. We can watch countless video which young guitarists cover Steve’s tunes on YouTube. As a solo artist, Steve Stevens has released a Hard-Rock piece “Steve Stevens Atomic Play Boys”, Flamenco guitar project “FLAMENCO.A.GO.GO” and the great Rock guitar instrumental album “Memory Crash”. Those albums speak to all music lovers how Steve is an expert of songwriting, arrangement, production and of course musician. Muse On Muse had a chat with Steve himself about Billy Idol’s new EP “The Cage”, “Top Gun Anthem” and DynlR product “the Steve Stevens Platinum Collection” on Two Notes….[Read more]