September 2020

– 最新News –
2020/9/26  Gustavo Carmo ブライアン・ティッシー、ルディ・サーゾ、デレク・シェリニアンを迎えた最新EPを語る!
2020/9/6  Flying Colors ライヴ作品を9月18日(海外 Music Theories Recordings)にリリース!
2020/9/5  Kirk Fletcher (カーク・フレッチャー) ニューアルバムより先行し新曲のMVを公開!
2020/8/29  Michael Landau (マイケル・ランドウ) 最新ライブアルバム「Liquid Quartet Live」を語る!
2020/8/2  Carl Verheyen (カール・ヴァーヘイエン) 近況や最新アルバムについて語る!

 

Features

Vol.113 Gustavo Carmo

ANGRAの元ドラマーであるAquiles Priester(アキレス・プリースター)とタッグを組んだメタル/ロック・フュージョン曲揃いのインストゥルメント作品「Our Lives, 13 Years Later…」では、ゲストにトニー・マカパイン、ヴィニー・ムーア、グレッグ・ハウを招き、堂々たるギタープレイで共演していたGustavo Carmo(グスタボ・カルモ)。今回、グスタボはリズム隊にブライアン・ティッシー(ドラム)、ルディ・サーゾ(ベース)、そしてキーボードには、デレク・シェリニアンを招いて自身名義では初となるシュレッドなロック・ギター・インストゥルメンタルが詰まったEP作品「On and Off」をリリース。テクニカルかつセンスあるギタープレイに卓越したソングライティング能力を併せ持つ要注目のブラジリアン・ギタリスト、グスタボ・カルモに最新EP「On and Off」について訊いた。・・・[続きを読む]

Gustavo Carmo is known for the Metal/Rock/Fusion album “Our Lives, 13 Years Later…” with an ex-drummer of Angra, Aquiles Priester. On that record, Gustavo has proven his skill with conviction alongside guest guitarists like Tony MacAlpine, Vinnie Moore and Greg Howe. He teamed up with Brian Tichy on drum, Rudy Sarzo on bass, and Derek Sherinian on keyboards and released his first solo instrumental EP “On and Off” which has full of shred guitar. We had a chat with the emerging Brazilian Guitarist Gustavo Carmo, who has not only tasteful guitar technics, but also exceptional song-writing abilities, about the brand new EP “On and Off”…[Read more]

 

Photo by Austin Hargrave

Vol.112 Michael Landau

マイケル・ランドウが、ロサンゼルスの歴史ある老舗ジャズ・クラブであるBaked Potato Jazz Clubにて、2019年11月に行ったライヴパフォーマンスを収録した作品「Liquid Quartet Live」をリリース。マイケル・ランドウ(ギター)、エイブ・ラボリエル・ジュニア(ドラム)、ジミー・ジョンソン(ベース)、デヴィッド・フレイジー(ギター&ヴォーカル)・・このアルバムは、本物のミュージシャン達による臨場感あふれる白熱したリアルな音楽を堪能できる素晴らしいライヴ作品となっている。ダイナミクスに溢れた最高峰の表現力を誇るギタープレイ、そして極上のギターサウンド、多くのギタリストからリスペクトを受けると共にリアル志向なコアな音楽ファンからも絶大な支持を得ているミュージシャン、マイケル・ランドウに「Liquid Quartet Live」について訊いた。・・・[続きを読む]

Michel Landau has released his live album “Liquid Quartet Live” which was recorded at Baked Potato Jazz Club in November 2019. The fantastic live album contains true live feeling and full vibes by four of real musicians, Michael Landau(guitar), Abe Laboriel Jr.(drums), Jimmie Johnson(bass) and David Frazee(vocals, guitar). We had a chat to Michael Laundau, who has been treated with respects from underground music lovers to professional guitarists by his expressive and dynamic play and excellent guitar sounds, about the album “Liquid Quartet Live…[Read more]

 

Vol.111 Randy McStine

The Aristocratsのドラマーとしても活躍している Marco Minnemann(マルコ・ミンネマン)と、LO-FI RESISTANCEやThe Fringe、自身のソロに加え、マルコとは、プログレッシブ・ロック・バンドであるIN CONTINUUMで共に活動しているRandy McStine(ランディ・マクスタイン)によるデュオ McStine & Minnemannがデビューアルバム「McStine & Minnemann」をリリース。超絶テクニカルインストバンドであるThe Aristocratsで魅せるドラマーとしての側面とは別にギターやキーボード、作曲も操るマルコと、同じくギター、ベース、ボーカル、キーボード、作曲を手掛け、様々なジャンルの音楽を通じてマルチな才能を発揮するランディによるこのアルバムは、どの曲もロックを基軸としながらも摩訶不思議でキャッチーな彼等独自のスタイルに見事に昇華されており、何度も繰り返し聴きたくなるような中毒性を持った素晴らしい作品となっている。ランディ・マクスタインにデビュー・アルバム「McStine & Minnemann」について訊いた。・・・[続きを読む]

McStine & Minnemann consists of Marco Minneman and Randy McStine. Marco not only is known for a drummer of super-technical band The Aristocrats, but also does drums,  guitar, keyboard and production. Randy also is a brilliant multi-instrumentalist, vocalist and producer whose music spans wide spectrum of genres and he formed LO-FI RESISTANCE and Fringe alongside his long solo career from his teenage years. Their debut album “McStine & Minnemann” exhibits their original style which is rock-based catchy music with some kind of phenomenon and it lures us into their unique world and make us listen to the album over and over again. We had a chat with Randy McStine about their striking new album…[Read more]

 

Vol.110 Bill Champlin

CHICAGOの元メンバーであり、アース・ウインド&ファイアー「After The Love Has Gone」やジョージ・ベンソン「Turn Your Love Around」への楽曲提供などによるグラミー受賞も果たしているレジェンド・ミュージシャンのビル・チャンプリン、そしてTOTOのボーカリストであるジョセフ・ウィリアムス、スウェーデンでプロデューサー / ギタリストとして活動しているピーター・フリーステットによるプロジェクト CWFが2作目となるスタジオ・アルバム「CWF2」をリリースした。元シカゴのビルとTOTOのジョセフが組むことで必然的にメロディックでお洒落な音楽に期待を抱くファンが多いと思われるが、今作でもそれらファンの期待に完璧に応える珠玉のメロディ、ビルとジョセフによる爽やかで哀愁を帯びたボーカル、そして曲の魅力を最大限に惹き立てるピーターの的を得たクレバーなギターワークが展開されている。ビル・チャンプリンに新作「CWF2」について語って貰った。・・・[続きを読む]

The former vocalist of Chicago and a legendary musician Bill Champlin is also known for joining forces with Earth, Wind & Fire for “After Love has Gone” and George Benson’s Turn Your Love Around. Bill teamed up with Toto’s vocalist Joseph Williams and Sweden based guitarist/producer Peter Friestedt for the project CWF and released their 2nd studio album “CWF2”. Past releases of Chicago and Toto might have led fans to expect CWF style as melodic and sophisticated and this album is not the one to disappoint them. Supreme melodies, smooth yet emotional vocal tracks by Bill and Joseph are displayed and Peter’s well thought guitar works maximize entire production. Muse on Muse had a chat with Bill Champlin himself about the brand-new album “CWF2”…[Read more]

 

Photo by Greg Miles

Vol.109 Sonny Landreth

匠の域に到達した変幻自在のスライド・バーを駆使し奏でる珠玉のブルース・ロックで聴き手を魅了するSONNY LANDRETH(サニー・ランドレス)がおよそ5年ぶりとなるスタジオ・アルバム「BLACKTOP RUN」をリリース。今作においても、トレードマークであるそのスライド奏法による圧巻のギタープレイはもちろん、ボーカリスト、ソングライターとして聴き手の心を揺さぶる珠玉のブルース・ロックを創り出している。過去には、エリック・クラプトンのクロスロード・フェスティヴァルにも出演、その実力をエリックからも高く評価されているギターの匠、サニー・ランドレス。珠玉のブルース・ロック作品「BLACKTOP RUN」について訊いた。・・・[続きを読む]

The one and only flexible slide-bar maestro, Sonny Landreth speaks to people with his outstanding Blues Rock. He has released a studio album “Blacktop Run” for the first time in 5 years. He displays not only the signature slide play, but also talent as a vocalist and a song-writer who touches listeners. His highly regarded skill is even approved by the legend Eric Clapton when he played for Eric’s Crossroads festival. Muse On Muse had a chat with Sonny Landreth himself about the outstanding Blues Rock product “Blacktop Run”…[Read more]

 

Vol.108 Trevor Rabin

トレヴァー・ラビンがこれまでの音楽キャリアで創り出したソロ・アルバムやイエス時代に制作した初期のデモ、未発表のライヴ音源やサウンドトラックなどをまとめたボックスセット「Changes」をリリースする。YESのメンバーとしてYES最大のヒット作「90125」を生み出し、その後も自身のソロ活動や映画音楽のコンポーザーとしてブルース・ウィルス主演の「アルマゲドン」やアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「シックス・デイ」をはじめとした数々の大ヒット映画のサウンドトラックを手掛けるなどトレヴァー・ラビンが創り出した珠玉のメロディは世界中の多くの人々に届けられ、その耳に残り続けている。今回リリースされたボックスセットには、トレヴァーがこれまでにリリースしたソロアルバムや未発表のライヴ、そして、映画「Jack Frost」のサウンドトラックのデモやYES時代のデモも収録されており、トレヴァーの音楽の進化の過程を聴くことができるなど、ファンにはとても嬉しい内容となっている。ボックスセット「Changes」についてトレヴァーに訊いた。・・・[続きを読む]

Trevor Rabin is going to release a box set “Changes” which, is a summary of his career, includes his solo albums, early demos, unreleased live recordings and some of soundtracks he has done. Trevor is not only known as the main man behind the biggest hit of YES, “90125”, but also solo artist and a film composer who was in charge for music for numerous films- Bruce Wills’ “Armageddon” Arnold Schwarzenegger’s “6th Day” to name a few. Remarkable melodies which Trevor himself created were delivered to the people worldwide and not be forgotten. This box includes solo albums which Trevor has released, unreleased live recordings, Jack Frost soundtrack and demo tracks of YES ere, so fans are able to acknowledge how his music has evolved through those albums. Muse On Muse had a chat with Trevor Rabin himself about this box set “Change”…[Read more]

 

Photo by Rich McPherson

Vol.107 Pete Lesperance

ハーレムスキャーレムのニューアルバム「CHANGE THE WORLD」は、真にファンがハーレムスキャーレムに求めているドラマチックでメロディックな楽曲、ハリー・ヘスの素晴らしい歌声に美しいコーラスワーク、センス溢れるギターが詰まった極上のメロディック・ハードロック作品となっている。ピート・レスペランスは当作品においても楽曲に見事にマッチングしたギターのリフワーク、メロディックでドラマティックなソロの展開はもちろん、より躍動感が増した感もある充実したギタープレイで聴き手を魅了する。ピート・レスペランスにニューアルバム「CHANGE THE WORLD」について訊いた。・・・[続きを読む]

The new album from Harem Scarem is exactly what their fans want for Harem Scarem. This crucial Hard Rock  product contains full of dramatic melodies, outstanding vocal by Harry Hess, beautiful choruses and stunning guitar play. Pete Lesperance emphasize these tracks by his perfect matching riffs and dramatic solos and added some sort of bounce feelings. We had a chat with Pete Lesperance himself about this attractive set “Change The World”….[Read more]