December 2018

– 最新News –
2018/12/5  SCHOOL of METAL・川崎的鋼鉄楽器セミナーがクラブチッタ川崎2階Bar ATTICにて12月7日(金)開催!
2018/11/30  Def Leppard ベスト・アルバム「The Story So Far – The Best Of Def Leppard」からMVを公開!
2018/11/27  Fender JIMI HENDRIX STRATOCASTER®に 3 COLOR SUNBURST カラーが追加!
2018/11/21  CREYEのANDREAS GULLSTRAND(アンドレアス・グルストランド)がデビューアルバムを語る!
2018/11/19  BLINDMAN 最新スタジオアルバム「Reach for the Sky」がいよいよ11月21日(水)にリリース!

 

Features


Photo by Anders Roos

Vol.91 Andreas Gullstrand

デビュー・アルバム「CREYE」をリリースしたスウェーデン発のメロディック・ロック・グループ CREYE。アルバムでは、キャッチーで心地よいメロディを放つクリアーな歌声とコーラス、そして80年代を彷彿させる煌びやかなキーボードと曲をサポートする起承転結でツボを得たクレバーかつエモーショナルなギター・プレイを随所で聴くことができる。惜しくもアルバムのリリース後にボーカルのROBIN JIDHED(ロビン・ジッドヘッド)、キーボードのJOEL RÖNNING(ヨエル・ロニング)がバンドを離れたが、バンドは新たにAugust Rauer[Vo]、Joel Selsfors[Key]をメンバーに迎えている。司令塔としてバンドを牽引するギタリスト、コンポーザーのANDREAS GULLSTRAND(アンドレアス・グルストランド)にメロディック・ロック、AORの音楽ファンにアピールする快心のデビュー・アルバム「CREYE」について訊いた・・・[続きを読む]

Swedish melodic Rock group CREYE has just released their debut album “CREYE”. This album showcased catchy soothing melodies, clear vocal and chorus, rich keyboard sounds with 80s feeling, dramatic structure and clever and emotional guitar sounds which emphasize songs. Unfortunately the vocalist Robin Judhed and the keyboard player Joel Rönning has left the band but August Rauer[Vo] and Joel Selsfors[Key] joined the band. The head honcho and the composer of CREYE, Andreas Gullstrand took some time to talk to Muse On Muse about this crucial new album “CREYE” which appears to Melodic Rock and AOR music fans…[Read more]

 

Photo by Andrew Stuart

Vol.90 Billy F Gibbons

ZZ TOPのギタリスト兼ヴォーカルとしてロック殿堂入りを果たしているレジェンド ビリー・ギボンズが2枚目となるソロ・アルバム「ビッグ・バッド・ブルース」をリリースした。1枚目のソロ・アルバム「ペルフェクタムンド」ではアフロ・キュ―バンなラテン・サウンドへのアプローチにより良い意味でファンを驚かせたビリーだが、今作品ではブルースへ原点回帰。ブルースの先人たちが築き上げた音楽に敬意が表わされるとともに真にビリー・ギボンズらしいファットでドライヴしたブルース・ロックなギター、ヴォーカルが炸裂した濃い作品となっている。ビリー・ギボンズ・スタイルで世界中の音楽ファンを魅了するギター・レジェンドに新作「ビッグ・バッド・ブルース」について訊いた。・・・[続きを読む]

The legendary guitarist Billy Gibbons is best known as the guitarist and lead vocalist of the American rock band ZZ Top. He was inducted into the Rock and Roll Hall of Fame. Gibbons just released his second solo album “The Big Bad Blues”. Although his previous solo album “Perfectamundo” defied expectations of his fans in a positive way with its Afro cuban sounds, he is back to his roots Blues for this set and showed Blues legends respect. We can hear Billy Gibbons’ signature sound which are fat driven Blues Rock guitar and his vocal throughout this album. The guitar legend took some time to chat to Muse On Muse about his new piece “The Big Bad Blues”…[Read more]

 

Vol.89 Michael Romeo

プログレッシヴ・メタルの重鎮Symphony Xの司令塔であり、その卓越した高度なギター・テクニックにおいても多くのファンを持つマイケル・ロメオが自身のソロ・アルバム「War Of The Worlds / Pt.1」をリリースした。「War Of The Worlds / Pt.1」には、プログレッシヴ・メタルとオーケストレーションが融合した壮大でドラマチックで起伏豊かな楽曲が並んでおり、ボーカルのRick Castellanoが歌い上げる詞とともに時に激しく、時に美しく物語が展開されていく。傑作「War Of The Worlds / Pt.1」を創り上げたマイケル・ロメオに作品について訊いた。・・・[続きを読む]

Michael Romeo, the control tower of Progressive Metal giant Symphony X, has been attracting many fans by his next level guitar technique, has released his solo album “War Of The Worlds / Pt.1” It consists of epic, dramatic and dynamic tracks which are fusion of Progressive Metal and orchestration The album gets heavy also beautiful as the story progresses with vocals and lyrics by Rick Castellano. Michael Romeo took some time to chat to Muse On Muse about his masterpiece “War Of The Worlds / Pt.1”…[Read more]

 

Photo by Dave Lepori

Vol.88 Robert Berry

ソング・ライター、アレンジャー、そしてシンガー、ギター、キーボードからドラムに至るまでマルチ・プレイヤーとしても卓越した才能を放つミュージシャンであるロバート・ベリーが亡きキース・エマーソンとして進めていたプロジェクト”3.2″。1988年にはキース・エマーソン、カール・パーマー、ロバート・ベリーが集結したプロジェクト”3″にて「…TO THE POWER OF THREE」をリリースしており、その続編に位置付けられる”3.2″であったが、プロジェクトの真っ只中であった2016年3月11日に不幸にもキース・エマーソンが他界。悲しみと困難の状況下、生前のキースが残した各曲のパーツ、アイデアにロバート自身の新たな曲のパーツ、キースの遺志を継ぐアイデアを編み込んでいくといった高度な手法によりアルバムの制作は続けられた。そして遂に完成したキースとの作品は、 3.2 「The Rules Have Changed 」としてファンの元に届けられた。アルバムは美しくキャッチーなメロディ、卓越したセンスに溢れたアレンジ、清涼感に溢れる歌声、そして思慮深い歌詞により展開される世界感を持つ見事な作品となっている。至高の作品についてロバートに訊いた・・・[続きを読む]

Robert Berry is a multi-talented musician known as a songwriter, an arranger, a singer, a guitarist, a keyboard player and a drummer. He run a project “3” with Keith Emerson and Carl Palmer and released an album “To The Power Of Three”. Robert kept the project with Keith Emerson as “3.2” but Keith unfortunately passed away on 11th of March, 2016. Robert was in difficult situation but kept producing the album using materials and ideas which Keith left in deep sorrow. He finally finished an album of 3.2 “The Rules Have Changed” and it has delivered to fans. The album has  a vision and is filled with beautiful catchy melodies, tasteful arrangement, smooth vocal and deeply considered lyrics. Robert Berry took some time to talk to Muse On Muse about this ultimate product….[Read more]

 

Vol.87 Clif Magness

自身の活動はもちろん、共同作曲者やプロデューサーとして数多くの音楽プロジェクトにて素晴らしい実績を築いてきたクリフ・マグネス。クインシー・ジョーンズとの “THE PLACES YOU FIND LOVE” ではグラミー賞を共同受賞し、ジャック・ワグナーの代表曲となった”ALL I NEED”(1984年)、ウィルソン・フィリップスのヒット曲”Impulsive”(1990年)、日本のロック・ファンにもお馴染みのジャーニーのスティーヴ・ペリーのアルバム「FOR THE LOVE OF STRANGE MEDICINE」やアヴリル・ラヴィーンのヒットアルバム「LET GO」など数多くのミュージシャンの作品にその名を連ねている。また、ジェイ・グレイドン、グレン・バラードとの作品「PLANET 3」(1991年) においてはボーカル、ソングライティングでAOR、ロック・ファンを魅了している。音楽界で多大な実績を誇るクリフが自身のニュー・アルバム「LUCKY DOG」をリリース。新作「LUCKY DOG」は、クリフの魅力であるクリアーなボーカル、キャッチーで爽快なメロディ、重厚なコーラス、そして曲を最高に惹きたてるアレンジで彩られた楽曲が満載の素晴らしいAOR、ROCKアルバムとなっている。新作「LUCKY DOG」についてクリフに訊いた。・・・[続きを読む]

Clif Magness has released numerous classics for not only himself, but also for other producers. The tune with Quincy Jones “The Places You Find Love” won Grammy wards. “All I Need” in 1984 for Jack Wagner is considered to be the best tune Jack has released. He also produced the hit tune “Impulsive” for Wilson Phillips in 1994, the album “FOR THE LOVE OF STRANGE MEDICINE” for Steve” Perry from Journey, who is well known in Japan as well as worldwide, the hit album “LET GO” for Avril Ramona Lavigne and for countless others. His “PLANET 3” with Jay Graydon and Glen Ballard released in 1991 fascinated  AOR/Rock fans by its superb vocals and song writing. Clif, who is a big influence in music industry, just released his new solo album “LUCKY DONG” the songs are filled with his signature vocal, soothing catchy melodies, heavy chorus works, and arrangements which emphasize the power of music. Clif Magness took some time to talk to Muse On Muse about his new set “LUCKY DOG”….[Read more]

 

Vol.86 Angel Vivaldi

Angel Vivaldi (エンジェル・ヴィヴァルディ)は、自身のYoutubeチャンネルの登録者数が11万、2012年に投稿のミュージック・ビデオ “A Martian Winter” が現時点で視聴回数620万回、その他の楽曲でも視聴回数が数十万回の単位に達しているなどインターネットを中心とした情報発信により多くのギター・ファンからの注目を集めているミュージシャン、ギタリスト。エンジェルの音楽には、テクニカル、シュレッドといった高度なギター・テクニックはもちろん、それらテクニックを適材適所で使用することで楽曲映えさせる抜群のセンス、ヘヴィで激しい楽曲の中でさえキャッチーで美しい旋律が華麗に舞うさま等、真にアートを感じさせられる。目下の最新作である「SYNAPSE」では、ゲストにNita Strauss(Alice Cooper)や、Gus Gを迎え入れるなどの話題性、そしてエンジェルの持つ卓越した作曲能力、ギターテクニック、センスが遺憾なく発揮されておりリスナーを強烈に惹きつける作品となっている。音楽的なバック・グランドや目下の最新作「SYNAPSE」についてエンジェルに訊いた。・・・[続きを読む]

The guitarist Angel Vivaldi has been receiving remarkable attention for his musical works especially on Youtube. Angel’s music video for “A Martian Winter” which was dropped in 2012 went viral and hit more than 6 million views. His other music videos went on to hit over a few hundred thousand views and he currently has over one hundred thousand people subscribed to his youtube channel. His highly technical guitar skills truly are an art form all their own and Angel’s sense to implement them at the right time really make the songs shine. The contrast of shredding technical guitar riffs and catchy beautiful melodies work well on the heavier tracks. Listener’s have been attracted to the new album for it’s technical guitar, his musical taste and high production value. Also having guest musicians Nita Strauss from Alice Cooper and Guss G on the album helped to build the hype. He took some time to talk to Muse On Muse about his musical background and his brand new set “Synapse”…[Read more]