July 2018

– 最新News –
2018/7/13  Ibanez Nita Strauss (ニタ・ストラウス) のシグネチャー・モデルが登場!
2018/7/12  MUSICMAN ローステッドのフィギュアード・メイプルを採用したCutlassが登場!
2018/7/10  Def Leppard (デフ・レパード) 『ヒステリア』30周年記念エディションの1CD&3CDが初国内盤化決定!
2018/7/6  Fender 「PLAYER」シリーズ発売記念キャンペーン第1弾が7月7日(土)より開始!
2018/6/26  Clif Magness (クリフ・マグネス) ニュー・アルバム「LUCKY DOG」より Unbroken を公開!

 

Features

Vol.86 Angel Vivaldi

Angel Vivaldi (エンジェル・ヴィヴァルディ)は、自身のYoutubeチャンネルの登録者数が11万、2012年に投稿のミュージック・ビデオ “A Martian Winter” が現時点で視聴回数620万回、その他の楽曲でも視聴回数が数十万回の単位に達しているなどインターネットを中心とした情報発信により多くのギター・ファンからの注目を集めているミュージシャン、ギタリスト。エンジェルの音楽には、テクニカル、シュレッドといった高度なギター・テクニックはもちろん、それらテクニックを適材適所で使用することで楽曲映えさせる抜群のセンス、ヘヴィで激しい楽曲の中でさえキャッチーで美しい旋律が華麗に舞うさま等、真にアートを感じさせられる。目下の最新作である「SYNAPSE」では、ゲストにNita Strauss(Alice Cooper)や、Gus Gを迎え入れるなどの話題性、そしてエンジェルの持つ卓越した作曲能力、ギターテクニック、センスが遺憾なく発揮されておりリスナーを強烈に惹きつける作品となっている。音楽的なバック・グランドや目下の最新作「SYNAPSE」についてエンジェルに訊いた。・・・[続きを読む]

The guitarist Angel Vivaldi has been receiving remarkable attention for his musical works especially on Youtube. Angel’s music video for “A Martian Winter” which was dropped in 2012 went viral and hit more than 6 million views. His other music videos went on to hit over a few hundred thousand views and he currently has over one hundred thousand people subscribed to his youtube channel. His highly technical guitar skills truly are an art form all their own and Angel’s sense to implement them at the right time really make the songs shine. The contrast of shredding technical guitar riffs and catchy beautiful melodies work well on the heavier tracks. Listener’s have been attracted to the new album for it’s technical guitar, his musical taste and high production value. Also having guest musicians Nita Strauss from Alice Cooper and Guss G on the album helped to build the hype. He took some time to talk to Muse On Muse about his musical background and his brand new set “Synapse”…[Read more]

 

Vol.85 Lance Lopez

Fabrizio Grossi(ファブリツィオ・グロッシー)、Kenny Aronoff(ケニー・アロノフ)とのブルース・プロジェクトSupersonic Blues Machineでは「Californisoul」、「West Of Flushing South Of Frisco」の2枚のアルバムにおいてWalter Trout、Steve Lukather、Robben Ford、Billy F. Gibbons、Eric Gales、Warren Haynesといった錚々たるギタリストをゲストに招き入れ、そのリアルで感情豊かなギター、歌声で見事に共演を果たしたLance Lopez(ランス・ロペス)。今回、ランスは自身のニュー・ソロ・アルバム「TELL THE TRUTH」をリリース。ファブリツィオ・グロッシーをプロデュースに迎え入れて制作されたこのアルバムがブルースのリアルなフィーリングに溢れている作品であることはもちろん、ハード・ロックしている曲でのランスのヴォーカル、熱いギター・プレイにも要注目。「TELL THE TRUTH」についてランスに訊いた。・・・[続きを読む]

Guitarist Lance Lopez is known for the blues project Supersonic Blues Machine with Fabrizio Grossi and Kenny Arnoff. Their two released albums featured Walter Trout, Steve Lukather, Robben Ford, Billy F. Gibbons, Eric Gales and Warren Haynes as guest guitarist. Lance magnificently collaborated with those prominent guitarists with his emotional guitar performances and vocals. Lance recently released his new solo album “TELL THE TRUTH” inviting Fabrizion Grossi on as a producer. This new album is not merely just a blues record it also features passionate hard rock guitar performances by Lance. Lance Lopez took some time to chat to Muse On Muse about his brand new set “TELL THE TRUTH”…[Read more]

 

Vol.84 Michael Landau

2012年に発表したインストゥルメンタル作品「Organic Instrumentals」以来となるソロ名義のアルバム「Rock Bottom」をリリースしたマイケル・ランドウ。今作ではBURNING WATERとして共に活動していたテッド・ランドウ、デイヴィット・フレイジーが参加。その音楽はライヴ的な自由さを感じさせる一方、マイケルによる珠玉のギターはもちろん、ギター以外にも隠し味的な様々なサウンドが効果的に配置されており、聴けば聴くほどに楽曲が持つ魅力にどんどん惹きこまれていく・・そんな中毒性の高い、素晴らしい作品となっている。「Rock Bottom」についてマイケルに訊いた。・・・[続きを読む]

Michael Landau just released his new solo album “Rock Bottom” which is his first solo release following his 2012 instrumental album “Organic Instrumentals”. The new album features fellow BURNING WATER members Ted Landau and David Frazee, displaying a live and musically independent vibe. The album not only showcases Michael’s superb guitar performances, but also proves itself to be a collection of gems with layers and layers of sonic essences that enhance the music with every listen, making it a highly addictive album. Here’s what Michael has to say about “Rock Bottom”…[Read more]

 

Photo by Larry DiMarzio

Vol.83 Steve Lukather

デビュー40周年を記念した最新ベスト・アルバム「40 Trips Around The Sun」をリリースしたTOTO。今回のベスト盤にはお馴染みのナンバーに加えて、ファンがTOTOに望むエッセンスが散りばめられた楽曲3曲が新たに収録されている。TOTOはアルバムのリリースとともにヨーロッパ・ツアーをスタート。ツアーに突入し間もない慌ただしい状況下、最新ベスト・アルバム、そして日本でも発売が予定されている自伝本や今後についてルークさんに訊いた。・・・[続きを読む]

TOTO has just released their newest Greatest Hits package “40 Trips Around The World” which commemorates the band’s 40th anniversary. This new package includes a collection of well-known long time favorites, along with 3 newly recorded tracks that showcase the trademarks and essences of what TOTO is all about. As the band has just embarked on their European tour in support of the new Greatest Hits album, Luke-san took some time during his busy schedule on the road to talk to MUSE ON MUSE about his recent TOTO release, autobiography, as well as some of his future plans…[Read more]

 

Vol.82 Jared James Nichols

右手のフィンガーピッキングを使った繊細なニュアンス表現から豪快に熱くギターを弾き倒すプレイに至るまで変幻自在なユニークな奏法スタイルを持つギタリスト Jared James Nichols (ジャード・ジェイムス・ニコルス)。 強烈なオリジナリティを放つこの注目株ミュージシャンが最新作「BLACK MAGIC」をリリースした。「BLACK MAGIC」では、アメリカン・ハード・ロック、ブルース・ロックにおけるジェアードのに痛快に冴えわたるギターとロック感溢れる素晴らしいボーカルが聴き手の耳を捉えて離さない。「BLACK MAGIC」について訊いた。・・・[続きを読む]

The one and only Jared James Nichols has a unique and versatile style of guitar playing where he plays without the use of a guitar pick. His delicate playing style contrasts with his heavy wild style. This rewarded original guitarist has released his latest album “BLACK MAGIC”. In this album Nichols expresses his American Hard Rock and Blues sound. Also the vocals on this album carry a very personal tone which captivates the audience with his rock feelings. Muse on Muse interviewed Jared James Nichols about his new set “BLACK MAGIC”…[Read more]