May 2022

– 最新News –
2022/5/7  Keith Scott(キース・スコット) ブライアン・アダムスの新作への参加、THE FONTANASの近況を語る!
2022/4/29  The Aristocratsがオーケストラ共作「The Ballad Of Bonnie & Clyde」をリリース!
2022/4/22  Tedeschi Trucks Band 新スタジオ・プロジェクト『アイ・アム・ザ・ムーン』をリリースすることを発表!
2022/4/8  NILE RODGERS(ナイル・ロジャース)『NILE RODGERS “HITMAKER” STRATOCASTER®』が発売!
2022/3/18  Simon Phillips (サイモン・フィリップス) ファンの期待に見事に応える最新作「Protocol V」を語る!

 

Features

Vol.126 Keith Scott

長年に渡り、ブライアン・アダムスの数々の作品やライヴにおいて、ロックスピリット溢れるギターでブライアンを支え続けてきたキース・スコット。誰もが耳にしたことがあるであろうブライアンの数多くのヒット曲では、必ずキースの歌心溢れるメロディックなギターを聴くことができる。ファンの期待を決して裏切らないブライアン・アダムスが作り出したロックスピリットに溢れた最新作「So Happy It Hurts」では、ブライアン自身がほとんどの楽器パートをこなす中、作品の要所の曲では、しっかりとキースのギターが彩られている。アルバムのブックレットのクレジットには、キースは5曲に参加(リズムギター1曲、リードギター4曲)とあるが、キースからの情報によるとリズムギターにクレジットされているタイトル曲”So Happy It Hurts”は、全てブライアンがギターを弾いているとのことであり、キース自身は、4曲でリードギターを担ったようだ。ブライアンの新作への参加やキースがサーフミュージックに取り組んだプロジェクトFONTANASの状況について訊いた。・・・[続きを読む]

Keith Scott has been playing guitar for both for gigs and recordings of Brian Adams . His impressive guitar with a Rock spirit is one of key factor to the sound of Bryan Adams. It’s like when you are listening to Bryan, you also are listening to Keith’s melodic guitar. Even though Bryan played most of parts by himself for his latest album “So Happy It Hurts”, which has a strong Rock feeling, but you can hear Keith’s solid guitar on crucial parts of the album. The credit said Keith played his guitar on five songs (lead guitar for 4 and rhythm guitar for one) but Keith himself said he did not play guitar on the title track “So Happy It Hurts”. We had a chat with Keith Scott about the latest piece of Bryan Adams and his surf-music project The Fontanas….[Read more]

 

Photo ©Stephanie Cabral

Vol.125 Simon Phillips

ジェフ・ベック、マイケル・シェンカー、ザ・フー等との共演やTOTOでの活躍など、そのキャリアはロック・ドラマーとして最高峰の一人であるサイモン・フィリップス。ドラマーとしては既に達観の域にあるサイモンがドラムプレイのみではなく、音楽の創造主としてそのクリエイティヴな才能、情熱を一心に注いでいるProtocolが5作目となる作品「Protocol V」をリリースした。 メンバーは、サイモン・フィリップス(ドラム)、アレックス・シル (ギター)、ジェイコブ・セスニー(サックス)、オトマロ・ルイーズ(キーボード)、アーネスト・ティブス(ベース)。今作においても美しくドラマチックな曲からハード・フュージョンな曲に至るまで、各プレーヤーが持ち回りのパートで独自の色彩を与えており、Protocolファンの期待に応える音楽的な魅力に溢れた作品となっている。 また、アンディ・ティモンズ、グレッグ・ハウといったギターの匠からバトンを引き継いだアレックス・シルのクレバーかつスリリングな前任の2人とはまた違ったギター・プレイにも注目。新たなProtocolの魅力を引き出すことに見事に成功している。新作「Protocol V」についてサイモン・フィリップスに訊いた。・・・[続きを読む]

Simon Phillips, one of the best Rock drummers has been working with legendary musicians, Jeff Beck, Michael Schenker, The Who, to name a few. No need to mention his brilliant works for the band TOTO. Simon is not only the top level drummer, but also a top notch music creator who is enthusiastic about his project Protocol and makes use of his enormous talent for it. The new Protocol consists of Simon Phillips (Drum), Alex Sill (Gtr), Jacob Scesney (Sax), Otomaro Ruiz (Key) and Ernest Tibbs (Bass). Each player contributed with their own style and colour to the new album which strikes Protocol fans with pure musical magic. Also Alex Sill, who took over the guitar role from masters, Andy Timmons and  Greg Howe, should be in the spotlight. He played his guitar differently from his predecessors wit his own clever and thrilling style and emphasized the power of Protocol.We had a chat with Simon Phillips about the brand new 5th album of Prtocol, “Protocol V”….[Read more]

 

Photo by Mascha Photography

Vol.124 Robben Ford

絶妙なダイナミクスによる表現、洗練されたお洒落なギタープレイ、楽曲でコアな音楽ファン、ギタリストから支持を受けている匠なギタリスト、Robben Ford(ロベン・フォード)。最新作「Pure」は、「Tiger Walk」以来となる全曲がインストゥルメンタル曲で構成されたアルバムとなっている。今作ではコロナ禍により、共同プロデューサであるCasey Wasner(ケイシー・ワズナー)とロベンとで制作したトラックに後からドラマー、ベーシストにドラム、ベースを入れてもらうというロベンの作品においてはこれまでと異なるレコーディング手法が採用されている。(その手法により)「音楽を完全にコントロールすることができたし、このアルバムではそれがとても重要だったんだ。」とロベンが語っているように、今作では統制された色彩豊かな楽曲、ギターが聴き手を魅了する。最新作「Pure」についてロベンに訊いた。・・・[続きを読む]

Robben Ford is well known for his sophisticated play style, production skill, and precise dynamics when he is on it. No need to mention that he has been supported by hardcore listeners and guitar enthusiasts. He has released a new instrumental album “Pure” since his last inst piece “Tiger Walk”. He had to change his usual production procedure because of the pandemic. Co-producer, Casey Wasner and Robben started writing songs together then got Bassists/Drummers replaced their parts. Fortunately, to do this, He perfectly managed to control quality of production which is the most important thing for him. This brand new album fascinates us with his rich guitar tones and border-crossing tracks. We had a chat with Robben Ford himself for the latest record “Pure”….[Read more]

 

Photo by Andy Ciparis

Vol.123 Dom Brown

英国にてギタリスト/作曲家/プロデューサーとして活動しているドム・ブラウン。セッションミュージシャンとしてもデュラン・デュランのライヴやレコーディングに参加している。デュラン・デュランでは、この16年間で4回のワールドツアーに参加し、3枚のアルバムをレコーディング、アルバム「All You Need Is Now」(2011年)と「Paper Gods」(2015年)では20曲以上を共同作曲している。そのように才能溢れるドムがニュー・ソロ・アルバム「IN MY BONES」をリリースした。この作品ではギタリストとしてのドムの素晴らしさは勿論、プロデューサー、作曲家・編曲家、マルチプレイヤーも手掛けるなどミュージシャンとしての総合力が存分に発揮されている。作品に収録されたどの楽曲も完成度が高く、幅広い音楽ファンに受け入れられる魅力的なものとなっている。ドム・ブラウンに彼の音楽的背景やニュー・ソロ・アルバム「IN MY BONES」について語って貰った。・・・[続きを読む]

Dom Brown is a UK based guitarist, song-writer and producer, who is known for the work with big name Duran Duran. Dom joined forth with the band’s world tour for four times, their recording for 3 full albums and he co-wrote over 20 songs with the crew on “All You Need Is Now” and “Paper Gods”. The talent has released his new solo album “In My Bones” and has proven his skill as a multi-player who writes, arranges, produces and plays guitar and other instruments. All tracks on the album are top-notch and it has a potential to reach wide variety of music fans. We had a chat with Dom Brown himself about his musical background and new solo album “In My Bones”…[Read more]

 

Vol.122 Jeff Kollman

ジェフ・コールマンがニューアルバム「East Of Heaven」をリリースした。全曲がインストゥルメンタル曲で構成されたこの作品は、巷に溢れるロック・ギター・インストゥルメンタル音楽とは異なり、映画のシーンが流れていくような時間の経過、情景の変化を聴き手にイマジネーションさせる深みのある音楽作品となっている。それら楽曲を彩るアコースティックギターの美しく豊かな響き、ドライヴしたエレクトリックギターとエフェクトによる幻想的なサウンド、そしてジェフのダイナミクスに富むギタープレイも素晴らしく、聴き手の心にダイレクトに響いてくる。ジェフ・コールマンにニューアルバム「East Of Heaven」について訊いた。・・・[続きを読む]

Jeff Kollman has released his new album “East Of Heaven”. All of songs on this album are instrumental and the album completely differs from average Rock guitar instrumental album due to its cinematic soundscape and emotions. The album strikes listeners with warm and musical feelings. The beautiful sounds and atmosphere of the album are generated by the maestro, using his rich sounding acoustic guitar and driven electric guitar with appropriate amount of dynamics and sound effects. We had a chat with Jeff Kollman himself about the great new album “East Of Heaven”…[Read more]

 

Vol.121 Carl Verheyen

英国ロック・グループ SUPERTRAMPでの活動や数多くの有名アーティストのアルバム、そして映画・TVドラマ等のサントラへの参加などLAのスタジオシーンで活躍中のギタリスト Carl Verheyen (カール・ヴァーヘイエン)がニュー・アルバム「Sundial」をリリース。今作は、ロック/ファンク/スカ/ソウルフルなバラード、アフロポップなどの多様な音楽に取り組んだ意欲作。癒しと高揚感のあるタイトル曲 “Sundial” に始まり、アフロポップにインスパイアされた”Kaningie”、アート・ガーファンクルとの信じられない出会いについての記憶を歌にした”Garfunkel (it Was All Too Real)”、ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアに捧げられた曲“Spiral Glide”などの良質な楽曲とともに、カールの味わい深い歌声、ダイナミクスに富んだ巧みなギタープレイ・サウンドが聴き手を魅了する大人で上品なロック・アルバムとなっている。最新作「Sundial」についてカールに語ってもらった・・・[続きを読む]

Carl Verheyen is well known as not only a guitarist of the British Rock band SUPERTRAMP, but also his works for many TV programs, films and numerous studio works in Los Angels. He has released his new solo album “Sundial” which contains various type of tunes from Rock to Funk to Ska to soulful ballad to Afro-Pop. The album starts a up-tempo yet soothing title track “Sundial”. It goes to Afro-Pop inspired ”Kaningie”. “Garfunkel (it Was All Too Real)” is all about how he met Art Garfunkel in an unbelievable occasion. “Spiral Glide” is a tribute song to David Gilmour of Pink Floyd. These rich musical tracks are fulfilled by Carl’s deep yet pleasant voice and dynamic yet technical guitar sounds/play and the whole piece became a supreme Rock album for adult. We spoke to Carl Verheyen himself about this masterpiece “Sundial”…[Read more]

 

Vol.120 Corrado Rustici

70年代のイタリアン・プログレバンド Cervello、そしてジャズロックグループのNovaの活躍などで伝説的な存在であるギタリスト、プロデューサーのCorrado Rustici (コラード・ルスティーチ) が、インストゥルメンタル・ソロ・アルバム「Interfulgent」をリリースした。コラードは、70年代のプログレバンドCervelloやジャズロックグループNovaでの活動によりプログレ界で伝説的な存在であるとともに、これまでにフィル・コリンズ、アラン・ホールズワース、ハービー・ハンコック、マイルス・デイヴィスなどと共演するなど、40年に及ぶ輝かしいキャリアの中でイタリアで最も成功したプロデューサーの一人でもある。コラード・ルスティーチに最新アルバム「Interfulgent」について語ってもらった。・・・[続きを読む]

A guitar legend Corrado Rustici, who is known as a member of the Italian Progressive band in 70s Cervello and the Jazz Rock band Nova, has released his solo instrumental album “Interfulgent”He also is famous for contribution to other musical giants. Phil Collins, Allan Holdsworth, Herbie Hancock and Miles Davis to name a few. Works he has done in his brilliant career over the past 40 years made him one of the most successful producers from Italy. We had a chat with Corrado Rustici himself about the brand new album “Interfulgent”…[Read more]