April 2021

– 最新News –
2021/4/10  Corrado Rustici (コラード・ルスティーチ) ニュー・アルバム「Interfulgent」を語る!
2021/4/3  Carl Verheyen (カール・ヴァーヘイエン) ニュー・アルバム「Sundial」が4月9日(海外)にリリース!
2021/3/28  THE ARISTOCRATS ライヴ・アルバム「FREEZE! LIVE IN EUROPE 2020」が5月にリリース!
2021/3/26  Billy F Gibbons (ビリー・F・ギボンズ) 3枚目のソロ・アルバム「HARDWARE」が6月4日にリリース!
2021/3/20  Jeff Kollman (ジェフ・コールマン) ニュー・アルバム「East of Heaven」が5月21日にリリース(海外)!

 

Features

Vol.120 Corrado Rustici

70年代のイタリアン・プログレバンド Cervello、そしてジャズロックグループのNovaの活躍などで伝説的な存在であるギタリスト、プロデューサーのCorrado Rustici (コラード・ルスティーチ) が、インストゥルメンタル・ソロ・アルバム「Interfulgent」をリリースした。コラードは、70年代のプログレバンドCervelloやジャズロックグループNovaでの活動によりプログレ界で伝説的な存在であるとともに、これまでにフィル・コリンズ、アラン・ホールズワース、ハービー・ハンコック、マイルス・デイヴィスなどと共演するなど、40年に及ぶ輝かしいキャリアの中でイタリアで最も成功したプロデューサーの一人でもある。コラード・ルスティーチに最新アルバム「Interfulgent」について語ってもらった。・・・[続きを読む]

A guitar legend Corrado Rustici, who is known as a member of the Italian Progressive band in 70s Cervello and the Jazz Rock band Nova, has released his solo instrumental album “Interfulgent”He also is famous for contribution to other musical giants. Phil Collins, Allan Holdsworth, Herbie Hancock and Miles Davis to name a few. Works he has done in his brilliant career over the past 40 years made him one of the most successful producers from Italy. We had a chat with Corrado Rustici himself about the brand new album “Interfulgent”…[Read more]

 

Photo by Alex Solca

Vol.119 Steve Lukather

スティーヴ・ルカサーがファン待望のソロ・アルバム「I Found The Sun Again」をリリースした。ルークと同時にジェセフ・ウィリアムスもソロ・アルバム「Denizen Tenant」をリリースしており、お互いが各々のアルバムに参加するとともに、そこにはデヴィッド・ペイチも合流している。そのような背景もあり、ルークとジョセフのソロ・アルバムの形式とはなっているものの新生TOTOとしての新たな作品が提示されている・・とも受け止められる。今回のルークの作品「I Found The Sun Again」では、ドラムにグレッグ・ビソネット、キーボードにジェフ・バブコ、そしてベースにはヨルゲン・カールソンやジョン・ピアースといったルークと気心の知れたメンバーとともにリアルなミュージシャンによる圧倒的に素晴らしい音楽が展開されており、聴き手を魅了する。またリンゴ・スターがゲスト参加している”Run To Me”でも聴くことができるような親しみやすくメロディックな曲も収録されており、プレーヤー志向の人達からロック・ポップスを楽しむリスナー層に至るまで幅広い人達に受け入れられるであろう作品となっている。最新作「I Found The Sun Again」についてルークさんに訊いた。・・・[続きを読む]

Steve Lukather has released his long-awaited solo album “I Found The Sun Again”. His Toto colleague Joseph Williams also released his solo album “Denizen Tenant” at the same time and David Paich has worked for both albums so this album can be considered as a product of TOTO with current members in a way. “I Found The Sun Again” featured his family musicians like Gregg Bissonette on drums, Jeff Babko on keys, Jorgen Carlsson and John Pearse on Bass and those real musicians delivered fantastic performance which never bores us. There are also catchy melodic tunes like “Run To Me” which Ringo Starr played drums therefore the whole album can reach from casual Rock&Pops listners to Real music players/fans. We had a chat with Steve Lukather himself about the striking new album “I Found The Sun Again”…[Read more]

 

Photo by Framus

Vol.118 Stevie Salas

B’zの稲葉浩志とのプロジェクト INABA/SALAS により日本の音楽ファンの間にも広く知られているスティーヴィー・サラスの書籍「スティーヴィー・サラス自伝 ギター弾きの最低で最高な人生」(リットーミュージック刊) が発売された。この本は、米国で2014年に出版されている「When We Were the Boys: Coming of Age on Rod Stewart’s Out of Order Tour」が和訳されたものであり、オーディションからツアーといったロッド・スチュワートとの活動時代についてスティーヴィー・サラスが詳細を語っており、サラスのファンにとってはもちろん、ロッド・スチュワートやロックファンにとっても興味深い内容となっている。発売された書籍「スティーヴィー・サラス自伝 ギター弾きの最低で最高な人生」についてはもちろん、普段における曲作りのこと、日本国内にも素晴らしい楽曲を持つ優れたミュージシャン達がいるにも関わらず、ロックミュージックにおいては世界中の音楽ファンに知られる存在はまだ出てきていないように見受けられる状況についてどう感じるか・・など、スティヴィー・サラスに訊いた。・・・[続きを読む]

Stevie Salas is well known among Japanese music fans for the project INABA/SALAS with Koshi Inaba from B’z. The Japanese edition of his book “When We Were the Boys: Coming of Age on Rod Stewart’s Out of Order Tour”, which was originally released in US in 2014, was out now and the book contains full of  interesting episodes in his career from his tour to auditions to works for Rod Stewart and it is not only for Stevie Salas supporters, but also for Rod Stewart and Rock fans. We had a chat with Stevie himself about the book, his music production and Japanese musicians in world-wide Rock market…[Read more]

 

Photo by Yossi Zwecker

Vol.117 Oz Noy

オズ・ノイが通算11作目となるニューアルバム「SNAPDRAGON」をリリースした。この作品には、ベースにウィル・リー、ジョン・パティトゥッチ、ジェームス・ジナス、ドラムにデイヴ・ウェックル、ヴィニー・カリウタ、デニス・チェンバースといった最強のリズム隊、さらには、トランペットにウォレス・ルーニー(コロナ感染により2020年3月31日に他界)、ジョン・スナイダー、ソプラノ・サックスにクリス・ポッター、ギターのアダム・ロジャースといった豪華ミュージシャンが招かれており、彼等のプレイを活かした見事なOz Worldが展開されている。リアルなミュージシャン達による臨場感に溢れる圧巻のプレイが堪能できる新作「SNAPDRAGON」についてオズに訊いた。・・・[続きを読む]

Oz Noy has released his new 11th album “Snapdragon”. The album featured incredible rhythm section (Will Lee, John Patitucci and James Genus as bassists, Dave Weckl, Vinnie Colaiuta and Dennis Chambers as drummers ). Oz also also teamed up Wallace Roney who passed away from covid-19 on 31st March 2020 and John Sneider as trumpet players, Chris Potter did a soprano sax and Adam Rodgers played guitar. All elements from those great musicians simply worked well together in the original Oz world. We had a chat with Oz Noy himself about the new album “Snapdragon” which excites us with real live feeling and great performance from music experts…[Read more]

 

Vol.116 BLINDMAN

日本が誇るメロディック・ハードロックの至宝 BLINDMANが通算11作目となるスタジオ・アルバム「EXPANSION」をリリース。今作でも珠玉のメロディ、BLINDMAN節は見事に健在。ボーカルのRay、ドラムの實成峻を迎えた現在のラインナップでのスタジオ・アルバムは3作目となるが、ギタリストとしては勿論、コンポーザー、メロディメーカーとしても音楽に対してジャンルの枠に捉われないバリエーション豊かな楽曲をクリエイトする中村達也の才能があらためて示された作品となっている。メロディックなハードロックといった核の部分は継承しつつも、Ray、實成峻の加入による相乗効果が発揮された音楽的に懐が深く様々な彩どりを聴かせる楽曲群、それらバリエーション豊かな楽曲群をBLINDMAN流として統一感を持たせることへの戸田達也(Bass)と松井博樹(Key)の貢献も素晴らしく、今作は、従来のBLINDMANファンは勿論、これまで以上により幅広い音楽ファン層に響くであろう快心の作品となっている。新作「EXPANSION」についてBLINDMANの各メンバーに訊いた。・・・[続きを読む]

BLINDMAN, Japan’s leading melodic Hard Rock band, released their 11th studio album “EXPANSION”. Their melodic gems and unique style are still heard in a excellent form on this crucial album. This is their 3rd studio album with current line-up since Ray (Vocal) and Shun Minari (Drum) joined the band. Tatsuya Nakamura has again proved his talent as a composer, melody-maker and of course a guitarist and produced wider style of music while keeping their signature melodic Hard-Rock style. Ray and Shun Minari gave synergetic effect and BLINDMAN’s music went deep, also contribution by Tatsuya Toda (Bass) and Hiroki Matsui (Keyboards) are excellent in terms of keeping their music in BLINDMAN fashion. We had a chat with all of the band members about this new album “EXPANTION” which is surely going to impress not only their fans, but also wider range of music lovers…[Read more]

 

Photo by Brian Kaldorf Photography

Vol.115 Reb Beach

1988年にWINGERにてデビューするやいなや、それまでの数多くの有名アーティストとのスタジオワークで培ったセンス溢れるギターリフ、テクニカルかつ起承転結のあるクレバーなフレーズ構築にて楽曲に華を添えるギタープレイで一躍、次世代ギターヒーロの一人として注目を集めたレブ・ビーチ。その後のDOKKENへの参加、WHITESNAKEのメンバーとしての活躍と共に母体であるWINGERにおいても活動を続けているレブ・ビーチが、フュージョン・ロックのインストゥルメンタル・ソロアルバム「View From The Inside」をリリースした。今作は、聴き手の心に残る印象的なメロディを持つ曲から70年代のフュージョンなどインストゥルメンタル・バンドで聴かれたインプロヴァイズの魅力を持つ曲にいたるまで、ファンの期待に応える素晴らしい作品となっており、レブ・ビーチが持つ音楽力、ギタリストとしての魅力を大いに楽しめる。珠玉のフュージョン・ロック作品「View From The Inside」についてレブ・ビーチに語ってもらった。・・・[続きを読む]

Reb Beach developed his remarkable guitar techniques through his early career of being a studio musician for many big names. Since his debut for Winger in 1988, Reb gained his name as a promising guitar hero for next generation by his story-telling guitar play and signature phrasing which emphasize tracks largely. Then he joined bands/projects like Dokken, Whitesnake and his main band Winger. Reb has recently released Fusion Rock instrumental album “View From The Inside” which displays from a hypnotically catchy tracks to 70s style Fusion tracks to improvised tunes. His fans won’t ever be bored by Reb’s musicianship and the power of guitar through the musical journey which this record delivers in a beautiful way. Muse On Muse had a chat with Reb himself about his crucial Fusion Rock album “ View From The Inside”….[Read more]

 

Vol.114 Bill Leverty

ジョン・ボン・ジョヴィの後押しにて1990年にデビューアルバムをリリースしたファイアーハウス。そのデビューアルバム「FIREHOUSE」では、ヒット曲となった”ラヴ・オブ・ア・ライフタイム”、”ドント・トリート・ミー・バッド”、”オール・シー・ロート”など、キャッチーかつメロディックな楽曲で多くのロックファンを惹きつけ、以降の活躍へとつながった。そのFIREHOUSEのサウンドの中核を担い、印象的なギターリフ・ワーク、そして起承転結のあるギターソロでフラッシーさと聴き手の心に残るキャッチーでメロディックな旋律を見事なバランスで融合させていたギタリストがビル・レバティ。そのビル・レバティによる最新ソロ・アルバム「DIVIDED WE FALL」でもFIREHOUSEのファンは勿論、幅広いロック音楽ファンに受け入れられるであろう快心のロックを聴くことができる。ビル・レバティに快心作「DIVIDED WE FALL」について語って貰った。・・・[続きを読む]

The early era of the band FireHouse was massively supported by a Rock giant Jon Bon Jovi. Their self titled debut album “FireHouse” consists of hit songs like “Love of a Lifetime”, “Don’t Treat Me Bad” and “All She Wrote”. Its catchy yet melodic sounds caught fire across the nation and it resulted in the current success of the band. Bill Leverty is the guitarist who has been playing a significant role of the band and has incredible skills to play impressive guitar riffs, solos with dramatic structure and flashy yet catchy phrases. Bill has released his solo album “Divide We Fall” which can reach not only FireHouse fans, but also all Rock lovers. We had a chat with Bill Leverty himself about the crucial Rock album “Divide We Fall”…[Read more]