April 2020

– 最新News –
2020/4/4  Trevor Rabin(トレヴァー・ラビン) 最新インタビュー、10枚組ボックセット「Changes」を語る!
2020/3/20  Jared James Nichols(ジャレッド・ジェイムス・ニコルズ) 新曲 Threw Me To The Wolves をリリース!
2020/3/14  Pete Lesperance (ピート・レスペランス) ハーレム・スキャーレム会心のニュー・アルバムを語る!
2020/2/24  Eric Johnson (エリック・ジョンソン) 新作「Ej Vol.II」が3月6日(海外)にリリース!
2020/2/11  Nili Brosh (ニーリー・ブロッシュ) 注目の実力派女性ギタリストが最新作「Spectrum」を語る!

 

Features

Vol.108 Trevor Rabin

トレヴァー・ラビンがこれまでの音楽キャリアで創り出したソロ・アルバムやイエス時代に制作した初期のデモ、未発表のライヴ音源やサウンドトラックなどをまとめたボックスセット「Changes」をリリースする。YESのメンバーとしてYES最大のヒット作「90125」を生み出し、その後も自身のソロ活動や映画音楽のコンポーザーとしてブルース・ウィルス主演の「アルマゲドン」やアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「シックス・デイ」をはじめとした数々の大ヒット映画のサウンドトラックを手掛けるなどトレヴァー・ラビンが創り出した珠玉のメロディは世界中の多くの人々に届けられ、その耳に残り続けている。今回リリースされたボックスセットには、トレヴァーがこれまでにリリースしたソロアルバムや未発表のライヴ、そして、映画「Jack Frost」のサウンドトラックのデモやYES時代のデモも収録されており、トレヴァーの音楽の進化の過程を聴くことができるなど、ファンにはとても嬉しい内容となっている。ボックスセット「Changes」についてトレヴァーに訊いた。・・・[続きを読む]

Trevor Rabin is going to release a box set “Changes” which, is a summary of his career, includes his solo albums, early demos, unreleased live recordings and some of soundtracks he has done. Trevor is not only known as the main man behind the biggest hit of YES, “90125”, but also solo artist and a film composer who was in charge for music for numerous films- Bruce Wills’ “Armageddon” Arnold Schwarzenegger’s “6th Day” to name a few. Remarkable melodies which Trevor himself created were delivered to the people worldwide and not be forgotten. This box includes solo albums which Trevor has released, unreleased live recordings, Jack Frost soundtrack and demo tracks of YES ere, so fans are able to acknowledge how his music has evolved through those albums. Muse On Muse had a chat with Trevor Rabin himself about this box set “Change”…[Read more]

 

Photo by Rich McPherson

Vol.107 Pete Lesperance

ハーレムスキャーレムのニューアルバム「CHANGE THE WORLD」は、真にファンがハーレムスキャーレムに求めているドラマチックでメロディックな楽曲、ハリー・ヘスの素晴らしい歌声に美しいコーラスワーク、センス溢れるギターが詰まった極上のメロディック・ハードロック作品となっている。ピート・レスペランスは当作品においても楽曲に見事にマッチングしたギターのリフワーク、メロディックでドラマティックなソロの展開はもちろん、より躍動感が増した感もある充実したギタープレイで聴き手を魅了する。ピート・レスペランスにニューアルバム「CHANGE THE WORLD」について訊いた。・・・[続きを読む]

The new album from Harem Scarem is exactly what their fans want for Harem Scarem. This crucial Hard Rock  product contains full of dramatic melodies, outstanding vocal by Harry Hess, beautiful choruses and stunning guitar play. Pete Lesperance emphasize these tracks by his perfect matching riffs and dramatic solos and added some sort of bounce feelings. We had a chat with Pete Lesperance himself about this attractive set “Change The World”….[Read more]

 

Photo by Dana Tarr

Vol.106 Nili Brosh

トニー・マカパインのバンドでのギタリストとしての活動などを通してその確かなギターテクニックでファンからも注目されていた女性ギタリスト Nili Brosh (ニーリー・ブロッシュ) が、3作目となるスタジオ・ニューアルバム「Spectrum」をリリースした。ロックギタリストのインストゥルメンタル作品の場合、曲中をギターで埋め尽くすものも多く存在するが、ニーリーの最新作「Spectrum」は、卓越した作曲センス、キーボード、アコーディオンやヴァイオリンを配す等の細部にまで綿密に構築されている楽曲、表現力に溢れた素晴らしいギタープレイを背景にロック音楽、ギターミュージックといったフィールドに留まらない豊かな音楽性に溢れた素晴らしい作品となっている。ニーリー・ブロッシュにアルバム「Spectrum」について訊いた。・・・[続きを読む]

A female guitarist Nili Brosh proved her indubitable guitar skills through the works for artists like Tony MacAlpine. The emerging guitarist has dropped her 3rd studio album “Spectrum”. Her supreme musical perspective, well detailed and balanced structure and of course expressive guitar play are displayed on this fantastic album and it pushes the boundary of Rock and guitar music. Muse On Muse had chat with Nili Brosh herself about her new set “Spectrum”….[Read more]

 

Vol.105 Vinnie Moore

伝統的ブリティッシュ・ハードロック・バンドであるUFOのギタリストとしての活動、そしてソロとしても活躍し続けているヴィニー・ムーアがニューアルバム「Soul Shifter」をリリース。80年代後半にはポール・ギルバートやトニー・マカパインなどと共に光速のギターテクニックを操る新世代ギタリストとして認知されていたヴイニー・ムーアであるが、その後はデビュー時に色濃かったネオ・クラシカルなスタイルの枠に捉われることなく、ブルース/カントリー/ジャズ/フュージョンといった本来のヴイニーが持っていた豊かな音楽性を背景に独自のスタイルを確立することに成功している。今作においてもファンク/ブルース/カントリーといった音楽の要素が見事にヴィニー流に昇華されているとともに、ヴィニーのエモーショナルかつダイナミクスに溢れたギターの表現力は更に深みを増している。新作「Soul Shifter」についてヴイニーに訊いた・・・[続きを読む]

Vinnie Moore, who is well known as a guitarist from the legendary British Hard Rock Band UFO and his countless solo works, has released brand new album “Soul Sifter”. Vinnie used to be recognized as a new generation highly technical guitar player in 80s. but then he broke the boundary of Neo Classical style and merged Blues, Country, Jazz, Fusion and other music which Vinnie grew up with into his play style and established his original musical style. In “Soul Shifter”, He adopted with Funk, Blues, County and other elements into his style and his emotional and dynamic guitar play expresses himself deeper than ever. We had a chat with Vinnie Moore himself about his new album “Soul Shifter”….[Read more]

 

Photo by Rob Blackham

Vol.104 Kris Barras

総合格闘技の世界で闘っていた男が、子供の頃から抱いていたもう一つの夢をつかむべく、ブルース・ロック音楽の世界に闘いの場を移し情熱を注いでいる。元総合格闘家のKris Barras(クリス・バラス)が渾身のブルース・ロック作品「Light It Up」をリリース。クリス・バラスのミュージシャンとしての実力は、あのブルース・ロックのスーパー・プロジェクトであるSupersonic Blues Machine にてフロントマンとしてギターとボーカルを担い、ビリー・ギボンズ、スティーヴ・ルカサー、エリック・ゲイルズやウォーレン・ヘインズといった錚々たるミュージシャン達と共演し、堂々と渡り合っていることからも明らかである。今回の作品でも、シンガー、ギタリストとしての魅力はもちろん、作曲面におけるメロディ・メーカーとしてもその才能を存分に披露。アルバムは、ボーカルのメロディの豊かさ、ブルースフィーリングを持ちながらも決して古臭くはなっていない洗練されたアレンジ、そしてリアルなギタープレイ、歌声が発揮された会心作となっている。最新作「Light It Up」についてクリス・バラスに訊いた。・・・[続きを読む]

An ex Muay Thai fighter Kris Barras is now chasing his other dream Blues Rock musician, Kris has released a superb Blues Rock album “Light It Up”. He has proven his musical skills by being responsible for Guitar and vocal in the big Blues project Supersonic Blues Machine alongside legendary players like Billy Gibbons, Steve Lukather, Eric Gales, Warren Haynes and more. And he matched them in skills. This crucial brand new album displays not only his ability as a singer and a guitarist, but also a melody maker and a producer by showcasing rich melodies and  arrangements which have sophisticated and updated blues feeling, essential guitar play and his vocal magic. Muse on Muse had a chat with Kris Barras himself about this new set “Light It Up”…[Read more]

 

Photo by Paul Bergen

Vol.103 Jan Akkerman

オランダが誇る伝説的プログレッシヴ・ロック・バンド、FOCUSや自身のソロ活動にてその卓越したギターテクニック、至高の表現力を発揮した創造性に溢れる素晴らしい音楽で世界中のミュージシャンや音楽ファンを魅了し続けている巨匠、Jan Akkerman(ヤン・アッカーマン)が8年ぶりとなるソロ・アルバム「Close Beauty」をリリース。最新作においてもその豊かな音楽性を背景とした多彩で素晴らしい楽曲群やそこでの表現力豊かなヤン・アッカーマンのギタープレイ、常に進化しつづけるヤン・アッカーマン・サウンドは聴き手の心を捉えて離さない。今もなお音楽への探求と創造への情熱を燃やし続けるレジェンドギタリスト・ミュージシャン、ヤン・アッカーマンに最高のギター・インストゥルメント・アルバム「Close Beauty」について訊いた。・・・[続きを読む]

The original guitar giant Jan Akkerman needs no introduction. his supreme guitar techniques and such creative and expressive works for his legendary progressive band Focus and numerous solo works have been attracting music fans and even musicians all over the world. He released new solo album “Close Beauty” for the first time in eight years. The brand-new set showcases varieties of songs powered by his unlimited musical talent and extremely stunning guitar techniques and it proves Jan, the legend has never bored his listeners and never been backwards in his creation and musical excursion. Muse On Muse had a chat with Jan Akkerman himself about this fantastic instrument album “Close Beauty”….[Read more]

 

Vol.102 Steve Morse

スティーヴ・モーズ(G)、マイク・ポートノイ(Ds)、ニール・モーズ(Kb,Vo)、ケイシー・マクファーソン(Vo, Key)、デイヴ・ラルー(B)といったプログレッシヴ・ロックの範疇にとどまらず、様々な音楽ジャンルに幅広くそして深く精通するとともに、それら音楽に対応するプレイヤーとしても匠(たくみ)の域に達している技量を持ったリアルなミュージシャンの集合体であるFlying Colors。Flying Colorsとしては3作目となる最新スタジオアルバム「Third Degree」は、Flying Colorsが持つプログレッシヴな音楽性、卓越したミュージシャンとしての技量に期待するコアな音楽性を持つファンはもちろんのこと、それ以外の音楽ファン、良質なロック/ポップスを好む音楽ファンの期待にも応える素晴らしい楽曲がバランス良く収録された素晴らしい作品となっている。スティーヴ・モーズに最新スタジオアルバム「Third Degree」について訊いた。・・・[続きを読む]

Flying Colors consists of five real musicians, Steve Morse (G), Mike Portnoy (Ds), Neal Morse (Kb, Vo), Casey McPherson (Vo,Kb) and Dave LaRue (B), who all have deep understanding of different type of music and have extreme skills to play from Progressive Rock to other type of music flexibly. The fantastic 3rd studio album as Flying Colors “Third Degree” contains not only progressive tunes which appeal to core music fans who expect advanced musical skills from you, but also tunes which impress fans who love quality Rock & Pops then those different vibes are merged into one and only Flying Colors style with a balance. Steve Morse himself talked to us about brand new studio album “Third Degree”…[Read more]