June 2019

– 最新News –
2019/6/18  ERNIE BALL 定番Slinkyシリーズ(NICKEL WOUND)の新ゲージ4種類が発売!
2019/6/14  Oz Noy (オズ・ノイ) 最新作「BOOGA LOOGA LOO」へのインタビューを掲載!
2019/6/12  Block Buster 北欧ハードロックシーン期待のバンドのデビューシングルが公開!
2019/6/7  Santana (サンタナ) スタジオ・アルバム『アフリカ・スピークス』が本日リリース!
2019/5/29  Corey Hart(コリー・ハート) 最新作のデジタル版のプレオーダーがスタート!

 

Features


Photo by Cari Paige

Vol.98 Oz Noy

Oz Noy (オズ・ノイ) が新作「BOOGA LOOGA LOO」をリリース。インタビューでオズ本人が語っているように今作では、”Boogaloo meets Bitches Brew”がコンセプトであり、マイルス・デイビスが”Bitches Brew”でエレクトリック・ジャズに取り組んだようにオズはエレクトリックなBoogalooスタイルに取り組んでいる。アルバムはオズ自身のオリジナル曲である4曲とセロニアス・モンク、レイ・チャールズ、ビーチ・ボーイズ、ビートルズといった偉大なミュージシャンの曲を見事にオズ流に仕立て上げたカヴァー4曲で構成されており、ミュージシャン層から音楽ファン層に至るまで幅広い人々を魅了するであろう奥深さと親しみやすさを兼ね備える充実した作品となっている。新作「BOOGA LOOGA LOO」についてオズ・ノイに訊いた。・・・[続きを読む]

Oz Noy admits himself of merging his music to eccentric Boogalo style on his brand-new album “Booga Looga Loo” just like Miles Davis adopted electric sounds on his classic album “Bitches Brew”. The album consists of four original songs and four cover tracks by legends who are Thelonious monk, Ray Charles, The Beach Boys and The Beatles. The crucial album managed to display its musical depth and catchiness together for music lovers to real musicians. Oz Noy took a time to speak to Muse On Muse about his new set “Booga Looga Loo”…[Read more]

 

Photo by Jerry-Lofaro

Vol.97 Jordan Rudess

ドリーム・シアターのキーボーディストとして、その卓越したテクニックと驚異的なインスピレーションにより創造する壮大なサウンド・ライブラリーにてバンドを支えるジョーダン・ルーデスが自身のソロ・アルバムとしては4年ぶりとなるアルバム「WIRED FOR MADNESS」をリリース。「WIRED FOR MADNESS」は、ジョーダンの音楽に対するジャンルを超越した造詣深さや類まれなるコンポーザーとしての才能、驚異的なキーボードプレイヤーとしてのテクニック、サウンドクリエイトの能力が見事に融合し昇華された聴きごたえのある作品となっている。ゲストのギタリストには、ヴィニー・ムーア、ガスリー・ゴーヴァン、ジョン・ペトルーシ、ジョー・ボナマッサが参加。中でもジョー・ボナマッサとブルースが繰り広げられる”Just Can’t Win”は、聴き手に新鮮なインパクトを与える。キーボードの魔術師、ジョーダン・ルーデスに会心作「WIRED FOR MADNESS」について訊いた。・・・[続きを読む]

Jordan Rudess, who has been a big part of Dream Theater as a keyboard player, has been building his spectacular soundscape by his absolute technique and phenomenal inspiration for the band. He released his solo album *Wired For Madness” for the first time in 4 years. The fantastic album “Wired For Madness” showcases his diverse talent as a composer, astonish technique as a keyboard player and sound-design skills. Vinnie Moore, Guthrie Govan, John Petrucci and Joe Bonamassa are guesting this album as guitarists. Notably Bluesy combination between Joe and Jordan on “Just Can’t Win” leaves an fresh impression on us. A keyboard magician, Jordan Rudess himself took some time to chat to Muse on Muse about his crucial work “Wired For Madness”…[Read more]

 

Photo by Mike Blake

Vol.96 Keith Scott

ブライアン・アダムスがニューアルバム「SHINE A LIGHT」をリリース。「SHINE A LIGHT」では、エド・シーランやジェニファー・ロペスが共作やデュエットにて参加している新たな取り組みと共に、真にブライアンといった誰もがすぐに馴染めるキャッチーでインパクトのあるメロディを持つ曲が揃った良質なロックアルバムとなっている。この新作においてブライアンの盟友であるギタリスト、キース・スコットは、ボブ・ロックとブライアンがプロデュースしている8曲でギターをプレイ。キースはそのロック・スピリット溢れるギターでレコーディングやツアーでブライアンを支え続けており、誰もが耳にしたことがあるであろうブライアンの数多くのヒット曲では必ずキースの歌心溢れるメロディックなギターを聴くことが出来る。しかし、新作を含めた近年のブライアンの作品では楽曲の尺がコンパクトになっていることもあり、以前のようなブライアンの歌とキースのメロディックなギターによるドラマチックな展開を持つ曲は姿を見せなくなった。そのあたりも含めてブライアンの新作「SHINE A LIGHT」でのギタープレイや自身のプロジェクトであるThe Fontanasの近況などについてキース・スコットに訊いた。・・・[続きを読む]

Bryan Adams has released his new album “SHINE A LIGHT”. Even though this new album featured astonishing guests, Ed Sheeran as co-producer and Jennifer Lopez as a singer, Bryan kept his one and only Rock style for whole album with tunes filled by catchy but impressive melodies. Keith Scott played guitar for 8 tracks produced by Bob Rock and Bryan Adams on this album. Keith has been supporting Bryan for his tour and recordings by playing his soulful Rock guitar, You could hear his melodic guitar on numerous big hit tunes by Bryan Adams which everybody knows. But, In recent tracks by Brian, we hear less dramatic structure configured by Bryan’s vocal and Keith’s melodic guitars. One of the cause is shortening of track length. Muse On Muse asked questions to Keith Scott about this recent adjustment of production, guitar play for Bryan’s new set “SHINE A LIGHT”, Keith’s project “The Fontanas” and others…[Read more]

 

Photo by Jim Wright

Vol.95 Vivian Campbell

DEF LEPPARDのメンバーとしてロック殿堂入りを果たしたヴィヴィアン・キャンベル。DIO、WHITESNAKE、そしてDEF LEPPARDといった錚々たるレジェンド・バンドにおいて功績を残してきたヴィヴィアンが心血を注ぐもう一つのバンド LAST IN LINEが2作目となるニュー・アルバム「II」をリリースした。新作「II」においても、前作「HEAVEY CROWN」を継承したブルース・フィーリングを持ち合わせたリアルなロックが展開されており、聴きごたえのあるハードロック作品となっている。また、ヴィヴィアンも自由奔放にギターを歌わせ、時にアグレッシヴにギターを弾き倒しており、DEF LEPPARDにおけるギタープレイとはまた違った魅力を放っている。ニューアルバム「II」についてヴィヴィアンに訊いた・・・[続きを読む]

Vivian Campbell has joined Rock and Roll hall of fame as Def Leopard this year in 2019. He has been getting achievements for legendary bands like Dio, Whitesnake and of course Def Leppard. Last In Line, which is the another project which Vivian puts his passion into, has just released second album “ II”. He continued real Rock style with Blues feelings since the last album “Heavey Crown”. Result, the album came up as a crucial Hard-Rock set. Vivian displayed various guitar approaches from bohemian way to aggressive style and it impresses fans in a different way from what he does for Def Leopard. He took a time to chat to Muse On Muse about his brand new album “ II”…[Read more]

 

Photo by Mascha Thompson

Vol.94 Robben Ford

素晴らしいギター・トーン、そしてブルース・ギタリストとしての熱いプレイはもちろん、洗練されたお洒落な曲作りやギター・プレイにおけるフレージングなどでファンを魅了し続けている名手 ロベン・フォード。ギタリスト、ボーカリストとして既に名手として名を馳せているロベンは、最新作「PURPLE HOUSE」において、これまでとはまた違ったヴァラエティに富んだ、より今風で洒落た音楽性を持つ作品創りに見事に成功しており、プロデューサー、コンポーザーとしても更なる高みに達している。聴き手を魅了する上質なブルース・ロック作品「PURPLE HOUSE」についてロベンに訊いた・・・[続きを読む]

A classic player Robben Ford has been attracting music fans by his wonderful guitar tone, phrasing, stylish production and his passionate playing style. The new album “PURPLE HOUSE” by Robben who has built a reputation as a guitarist and a vocalist, managed to display more variety of musical styles and modern fashionable atmosphere. We interviewed the guitarist / singer / producer / composer who reached even higher level about his quality Blues-Rock set “PURPLE HOUSE”…[Read more]

 

Vol.93 BLINDMAN

日本が誇るメロディック・ハードロックの至宝 BLINDMANが通算10作目となるスタジオアルバム「REACH FOR THE SKY」をリリース。これまでに哀愁美あるハードロックで長きに渡ってファンを魅了し続けているBLINDMANは健在!、今作でもファンの期待を裏切らない至高かつ唯一無二のBLINDMAN’s ハードロックが展開されている。また、新たな試みとして「ウォール・オブ・ サウンド」でポピュラー音楽界に多大な影響を与えた音楽プロデューサーであるフィル・スペクターが手掛けたことで有名なThe Crystalsの”Da Doo Ron Ron”のカヴァーを収録。The Crystalsのポップな楽曲が見事にBLINDMAN流スタイルに昇華されている。そして、ハードロックを聴かない音楽ファンをも納得させるであろう美しいナンバー”Blue Moon”では、バンドの音楽に対する懐の深さ、実力を改めて感じさせられる秀逸で要チェックなナンバーとなっている。珠玉のメロディック・ハードロック作品「REACH FOR THE SKY」についてメンバーに訊いた。・・・[続きを読む]

A leading Japanese Melodic Hard Rock band BLINDMAN has released their 10th studio album “Reach For The Sky”. Their emotional Hard Rock style, which have been attracting their supporters, is still alive and one and only BLINDMAN will ever disappoint their fans! They even challenged new styles. A cover of “Da Doo Ron Ron” which is famous for the version by Crystals produced by a legendary, influential Pop music producer Phil Spector. Crystals’ pop style track morphed into BLINDMAN style in an excellent manner. The beautiful track “Blue Moon” displays versatility of their musical style and skills and it appeals to non Hard-Rock people. It’s a crucial song to be checked BLINDMAN took some time to chat to Muse On Muse about their fantastic Melodic Hard Rock set “REACH FOR THE SKY”…[Read more]