カテゴリー: FEATURES

Vol.95 Vivian Campbell / March 2019

Vivian Campbell


Photo by Jim Wright

DEF LEPPARDのメンバーとしてロック殿堂入りを果たしたヴィヴィアン・キャンベル。DIO、WHITESNAKE、そしてDEF LEPPARDといった錚々たるレジェンド・バンドにおいて功績を残してきたヴィヴィアンが心血を注ぐもう一つのバンド LAST IN LINEが2作目となるニュー・アルバム「II」をリリースした。新作「II」においても、前作「HEAVEY CROWN」を継承したブルース・フィーリングを持ち合わせたリアルなロックが展開されており、聴きごたえのあるハードロック作品となっている。また、ヴィヴィアンも自由奔放にギターを歌わせ、時にアグレッシヴにギターを弾き倒しており、DEF LEPPARDにおけるギタープレイとはまた違った魅力を放っている。ニューアルバム「II」についてヴィヴィアンに訊いた。

続きを読む

Vol.94 Robben Ford / February 2019

Robben Ford


Photo by Mascha Thompson

素晴らしいギター・トーン、そしてブルース・ギタリストとしての熱いプレイはもちろん、洗練されたお洒落な曲作りやギター・プレイにおけるフレージングなどでファンを魅了し続けている名手 ロベン・フォード。ギタリスト、ボーカリストとして既に名手として名を馳せているロベンは、最新作「PURPLE HOUSE」において、これまでとはまた違ったヴァラエティに富んだ、より今風で洒落た音楽性を持つ作品創りに見事に成功しており、プロデューサー、コンポーザーとしても更なる高みに達している。聴き手を魅了する上質なブルース・ロック作品「PURPLE HOUSE」についてロベンに訊いた。

続きを読む

Vol.93 BLINDMAN / January 2019

BLINDMAN

日本が誇るメロディック・ハードロックの至宝 BLINDMANが通算10作目となるスタジオアルバム「REACH FOR THE SKY」をリリース。これまでに哀愁美あるハードロックで長きに渡ってファンを魅了し続けているBLINDMANは健在!、今作でもファンの期待を裏切らない至高かつ唯一無二のBLINDMAN’s ハードロックが展開されている。また、新たな試みとして「ウォール・オブ・ サウンド」でポピュラー音楽界に多大な影響を与えた音楽プロデューサーであるフィル・スペクターが手掛けたことで有名なThe Crystalsの”Da Doo Ron Ron”のカヴァーを収録。The Crystalsのポップな楽曲が見事にBLINDMAN流スタイルに昇華されている。そして、ハードロックを聴かない音楽ファンをも納得させるであろう美しいナンバー”Blue Moon”では、バンドの音楽に対する懐の深さ、実力を改めて感じさせられる秀逸で要チェックなナンバーとなっている。珠玉のメロディック・ハードロック作品「REACH FOR THE SKY」についてメンバーに訊いた。

続きを読む

Vol.92 Jake E Lee / December 2018

Jake E Lee


Photo by Joe Gorelick

Jake E Lee (ジェイク・E・リー)がRED DRAGON CARTELとしての2作目となるアルバム「PATINA」をリリース。1作目「RED DRAGON CARTEL」ではオジー時代を想起させるギター・リフで幕を開ける”DECEIVED”を筆頭にファンを歓喜させたジェイクだが、今作「PATINA」ではロックの原点に回帰した楽曲、リアルなミュージシャンによるリアルなロック、実験的で多彩なギター・サウンドを提示。聴けば聴くほどに楽曲やジェイクのギター、バンドが放つ魅力にどんどん惹きこまれていく・・今後末永くファンに愛聴されていくであろう作品となっている。ニュー・アルバム「PATINA」についてジェイクに訊いた。

続きを読む

Vol.91 Andreas Gullstrand / November 2018

Andreas Gullstrand


Photo by Anders Roos

デビュー・アルバム「CREYE」をリリースしたスウェーデン発のメロディック・ロック・グループ CREYE。アルバムでは、キャッチーで心地よいメロディを放つクリアーな歌声とコーラス、そして80年代を彷彿させる煌びやかなキーボードと曲をサポートする起承転結でツボを得たクレバーかつエモーショナルなギター・プレイを随所で聴くことができる。惜しくもアルバムのリリース後にボーカルのROBIN JIDHED、キーボードのJOEL RÖNNINGがバンドを離れたが、バンドは新たにAugust Rauer[Vo]、Joel Selsfors[Key]をメンバーに迎えている。司令塔としてバンドを牽引するギタリスト、コンポーザーのANDREAS GULLSTRAND (アンドレアス・グルストランド) にメロディック・ロック、AORの音楽ファンにアピールする快心のデビュー・アルバム「CREYE」について訊いた。

続きを読む

Vol.90 Billy F Gibbons / October 2018

Billy F Gibbons


Photo by Andrew Stuart

ZZ TOPのギタリスト兼ヴォーカルとしてロック殿堂入りを果たしているレジェンド ビリー・ギボンズが2枚目となるソロ・アルバム「ビッグ・バッド・ブルース」をリリースした。1枚目のソロ・アルバム「ペルフェクタムンド」ではアフロ・キュ―バンなラテン・サウンドへのアプローチにより良い意味でファンを驚かせたビリーだが、今作品ではブルースへ原点回帰。ブルースの先人たちが築き上げた音楽に敬意が表わされるとともに真にビリー・ギボンズらしいファットでドライヴしたブルース・ロックなギター、ヴォーカルが炸裂した濃い作品となっている。ビリー・ギボンズ・スタイルで世界中の音楽ファンを魅了するギター・レジェンドに新作「ビッグ・バッド・ブルース」について訊いた。

続きを読む

Vol.89 Michael Romeo / September 2018

Michael Romeo

プログレッシヴ・メタルの重鎮Symphony Xの司令塔であり、その卓越した高度なギター・テクニックにおいても多くのファンを持つマイケル・ロメオが自身のソロ・アルバム「War Of The Worlds / Pt.1」をリリースした。「War Of The Worlds / Pt.1」には、プログレッシヴ・メタルとオーケストレーションが融合した壮大でドラマチックで起伏豊かな楽曲が並んでおり、ボーカルのRick Castellanoが歌い上げる詞とともに時に激しく、時に美しく物語が展開されていく。傑作「War Of The Worlds / Pt.1」を創り上げたマイケル・ロメオに作品について訊いた。

続きを読む

Vol.88 Robert Berry / August 2018

Robert Berry


Photo by by Dave Lepori

ソング・ライター、アレンジャー、そしてシンガー、ギター、キーボードからドラムに至るまでマルチ・プレイヤーとしても卓越した才能を放つミュージシャンであるロバート・ベリーが亡きキース・エマーソンとして進めていたプロジェクト”3.2″。1988年にはキース・エマーソン、カール・パーマー、ロバート・ベリーが集結したプロジェクト”3″にて「…TO THE POWER OF THREE」をリリースしており、その続編に位置付けられる”3.2″であったが、プロジェクトの真っ只中であった2016年3月11日に不幸にもキース・エマーソンが他界。悲しみと困難の状況下、生前のキースが残した各曲のパーツ、アイデアにロバート自身の新たな曲のパーツ、キースの遺志を継ぐアイデアを編み込んでいくといった高度な手法によりアルバムの制作は続けられた。そして遂に完成したキースとの作品は、 3.2 「The Rules Have Changed 」としてファンの元に届けられた。アルバムは美しくキャッチーなメロディ、卓越したセンスに溢れたアレンジ、清涼感に溢れる歌声、そして思慮深い歌詞により展開される世界感を持つ見事な作品となっている。至高の作品についてロバートに訊いた。

続きを読む

Vol.87 Clif Magness / July 2018

Clif Magness

自身の活動はもちろん、共同作曲者やプロデューサーとして数多くの音楽プロジェクトにて素晴らしい実績を築いてきたクリフ・マグネス。クインシー・ジョーンズとの “THE PLACES YOU FIND LOVE” ではグラミー賞を共同受賞し、ジャック・ワグナーの代表曲となった”ALL I NEED”(1984年)、ウィルソン・フィリップスのヒット曲”Impulsive”(1990年)、日本のロック・ファンにもお馴染みのジャーニーのスティーヴ・ペリーのアルバム「FOR THE LOVE OF STRANGE MEDICINE」やアヴリル・ラヴィーンのヒットアルバム「LET GO」など数多くのミュージシャンの作品にその名を連ねている。

また、ジェイ・グレイドン、グレン・バラードとの作品「PLANET 3」(1991年) においてはボーカル、ソングライティングでAOR、ロック・ファンを魅了している。音楽界で多大な実績を誇るクリフが自身のニュー・アルバム「LUCKY DOG」をリリース。新作「LUCKY DOG」は、クリフの魅力であるクリアーなボーカル、キャッチーで爽快なメロディ、重厚なコーラス、そして曲を最高に惹きたてるアレンジで彩られた楽曲が満載の素晴らしいAOR、ROCKアルバムとなっている。
新作「LUCKY DOG」についてクリフに訊いた。

続きを読む

Vol.86 Angel Vivaldi / June 2018

Angel Vivaldi

Angel Vivaldi (エンジェル・ヴィヴァルディ)は、自身のYoutubeチャンネルの登録者数が11万、2012年に投稿のミュージック・ビデオ “A Martian Winter” が現時点で視聴回数620万回、その他の楽曲でも視聴回数が数十万回の単位に達しているなどインターネットを中心とした情報発信により多くのギター・ファンからの注目を集めているミュージシャン、ギタリスト。
エンジェルの音楽には、テクニカル、シュレッドといった高度なギター・テクニックはもちろん、それらテクニックを適材適所で使用することで楽曲映えさせる抜群のセンス、ヘヴィで激しい楽曲の中でさえキャッチーで美しい旋律が華麗に舞うさま等、真にアートを感じさせられる。
目下の最新作である「SYNAPSE」では、ゲストにNita Strauss(Alice Cooper)や、Gus Gを迎え入れるなどの話題性、そしてエンジェルの持つ卓越した作曲能力、ギターテクニック、センスが遺憾なく発揮されておりリスナーを強烈に惹きつける作品となっている。
音楽的なバック・グランドや目下の最新作「SYNAPSE」についてエンジェルに訊いた。

続きを読む